おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 未分類 > フラ発表会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラ発表会

この夏に、上のおねえちゃんが通っているフラで発表会がありました。

4月から通っていて、わずか5ヶ月ほどでの舞台。
最初発表会と聞いたときに、習い始めで大丈夫かな?と心配したのですが。
そのときに、先生が話してくれたのが、「ALOHAの意味」。

A Akahai 思いやり
L Lokahi助け合い
O 'Olu'olu 楽しく
H Ha'aha'a 謙虚
A Ahonui 辛抱強く

特にこの時先生が強調されていたのが、最後の「謙虚」と「辛抱強く」ということ。
発表会の話があったのがちょうど入りたての頃だったので、ちゃんと踊れるのか、続けることが出来るのかいろいろ不安だらけのときでした。

それでも、
「謙虚に辛抱強く通っていれば、必ず結果が出ますから」
とニッコリと話してくれた先生の顔が今でも忘れられません。

娘の通っているフラでは、基本的に親が見れるのは月の第1週のみ。
他は、親が離れて先生と子供たちだけでレッスンをします。
(その方がちゃんと先生の話を聞いてくれて、レッスンに集中できるそう。)

最初の頃は、全く踊らなかったり、好き勝手なことをやっていたりしても
「まだまだ、はじめたばかりだから・・・」
なんて思っていたものの。

ちょうど出産をはさみ、しばし実母に送迎をお願いしていたので、1ヶ月近く娘のレッスンを見ることが出来なくなって、産後久しぶりにレッスンに行ったとき。
もう愕然としました・・・^^;

ちょうどパパの夏休みと重なったのでパパと見ていたのですが、パパも唖然^^;

発表会間近だというのに、全く先生の話を聞いてないし、好き勝手やってるし。
この1ヶ月近くで全く成長していない・・・。
いや、むしろ慣れたこともあり余計悪化している・・・??ってほど。

「これじゃ、通っている意味がないんじゃ・・・。」
なんてパパと話し合ってしまうくらいひどかったんです・・・。

でも、娘本人は
「やりたい!!」
とのこと。

そのときは、もう発表会まで残り2週間でした。

とにかく、娘には、
・レッスンのときは、きちんと先生のお話を聞くこと
・休憩のときはお友達とおしゃべりしてもいいけれど、レッスンのときにはおしゃべりはしてはいけないこと
・先生の踊りをしっかり見て、まねをすること

を何度も何度も言い聞かせて、私も踊りを覚えて家でも練習しましたヨ。

なんとか形にはなったけれど・・・。
とても不安いっぱいで迎えた発表会当日。

いや~、感動しました!!
子供って、本番に強い!!

あれだけダメダメだった娘が、こっちが思っている以上にしっかり踊ってくれていました。

「もうやんない~」
「今日はこれでおしまい!」
「今日は1回だけでいい~」

と家での練習では、弱音を吐いたりふざけてしまったり。
でもなんだかんだ言っても、私や先生の教えていたことはしっかり聞いていたんだなぁ、と思いました。

20名超える子供たちが、みんなしっかり笑顔で踊っていて、本当にかわいかったです^^
レッスンでは、ママから離れられなくて泣いてしまう子もいたし、うちの娘のようにふざけてしまっている子もいたのに。

みんなちゃんと踊れてるじゃーん!!
ともうビックリ!!

というか、もう舞台に上がってきた姿を見ただけで胸と目と鼻にぐっとくるものが・・・。
終わったらすぐ舞台裏に向かわなくてはいけなかったので、一生懸命こらえました。
どのお母さんも一緒だったようです。

悩んだこともあったし、とても不安だらけだったけれど、やってきてよかった!!と思いました。

産まれたばかりの頃や、ハイハイしだしたこととか、もう娘の3年半が短い時間だったけれどいろいろ思い出されて。
そんな娘がこうして、手の離れたところでしっかり踊っている姿を見ていると。
もう言葉に出来ない気持ちでいっぱいになりました。

終わった娘に「どうだった?」
と聞くと
「楽しかった!!」
との答えが。

チャリティーイベントだったので、かなりしっかりした会場でお客さんも多かったのですが、緊張とかはなかったようです。

発表会の次の日にレッスンがあったのですが。

驚いたことに、そのレッスンが今までとは全く違うものでした。
人数が多いせいもり、あれだけまとまりのない^^;レッスンだったのに、みんなが静かに先生の話を聞いて、みんな真剣な表情で踊っているのです。

小さいながらにも、子供たちの中で発表会を経験したことによって意識が変わったのでしょうね。
子供の吸収力ってすごいなぁ、と次の日にも感動^^

習い事だけでなく、子育ては常に忍耐が問われますね。
それでも、謙虚に辛抱強く子供と向き合っていけば母親だけでなく、子供にとって必ず得られるものがある、ということをとても痛感しました。

娘の好きなリロ&スティッチの新作で、
「ALOHAの心は、必ず返ってくるんだよ」
というようなセリフがあるのですが、これからもALOHAの意味を忘れずに、フラを続けていきたいと思います。

1月に、また発表会があります。
前回とは違って自ら家でも練習する娘です^^



リロイ&スティッチ



スポンサーサイト

Comments

post
2007-10-03 12:44 
くぅ #388
こにゃんさん、ご無沙汰しています!!そしてすごく遅くなりましたが、ご出産おめでとうございます!!!ずっとブログは拝見させて頂いていたのですが、コメントできずにすいません。
産後も、色々大変なこともおありかと思いますが、ご姉妹の実に微笑ましい様子が伝わってきて、いつも気持ちが温かくなります^^

そして、今回のフラのお話。私まで感動してウルウルしちゃいました!!まだ娘は1歳になったばかりなのに^^;
私も、これから娘と一緒に成長しけるよう頑張ろう!!って思えました。
それと、「ALOHAの心」、素敵ですね。私も大切にしていきます^^
2007-10-10 00:02 
こにゃん #390
くぅさんへ

くぅさんこんばんは^^
コメントありがとうございます!
こちらこそお返事が遅くなりまして申し訳ないです。

無事女の子を出産しました^^
もうすぐ3ヶ月、いくら見ていても飽きないです^^

フラはもう感動でしたよ~~~。
習わせてよかったなぁ、と本当に思いました。
娘なりに真剣に頑張ってくれて。
自分とこんなに離れた場所でしっかり踊っている姿はもうたまらなくぐっときました。

くぅさんもこれからこういう場面に何度も出会うと思います。
楽しみですね^^

ALOHAの心、素敵ですよね^^
私も先生に聞いて素敵だなぁ、って思いましたヨ^^
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。