おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 子供の病気 > 溶蓮菌感染症

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶蓮菌感染症

月曜の夜、ふと娘を触ると体が熱い。
熱を計ったら38℃ちょっと。
「あぁ、またか・・・」
と思ってしまいました。

もともと、私が扁桃腺持ちで小さい頃は毎月扁桃腺がはれて毎月必ず熱を出してしまうタイプでした。
大人になってからは落ち着いてきたのですが、不思議なことに出産してからまた再発。
子供の頃のように月1ペースではないけれど、パパにも
「また?」
といわれてしまうほど、大人にしては頻繁に扁桃腺がはれて高熱が出るようになってしまいました。

そんなんだからこれだけは遺伝しなければ・・・、と思っていたのですが、そう思うことに限って遺伝してしまうようで・・・。

授乳中は母乳パワーのおかげか、まったく病気せず
「遺伝しなかったのかな」
とほっとしていたのですが、卒乳後はうってかわって月1ペースの高熱。
がっくり肩を落としてしまいました。

なので、つい熱が出ると
「またか・・・」
と思ってしまうことも。いかんいかん。

翌日の火曜の朝、熱を計ると37度台と少し落ち着いていたのですが本人も
「喉が痛い」
と言っていたのでそのまま病院へ。

「扁桃腺がはれてるねー。あと、うみがついているから溶蓮菌のチェックも念のためしましょう。」

と言われて検査を受けたところ。

あえなく、
溶蓮菌感染症
と診断されてしまいました。

初めて聞く病名に「?」だった私にパンフレットを渡してくれました。

そのパンフレットによると、

・高熱が出る。
・発疹が出たり、苺舌になる。
・抗生剤を飲むと3日ほどで熱は下がるが、きっちり10日間しっかり薬を飲み続けないと腎炎などを併発してしまう可能性もある。
・10日後に尿検査を受ける必要がある。


とのこと。
ちなみに、うちの娘はその後3日間40℃近い熱が続きました。
のどが痛いせいか、食欲も全くなし。
発疹や苺舌は今のところなし。

今日やっと熱が下がってきました。
だけれど、熱が下がってから発疹が出る、と聞いているので明日あたり出るのかなぁ。
かなりかゆいらしいので心配。

熱が下がってきたせいか、食欲も少しずつ出てきてそれでも一応ほっと一安心です。
だけれど明日からせっかくのGWだというのに、かわいそう・・・。
本当は、明日パパとプールに行く予定だったのに。

「明日、プールだね」
なんていわれてしまって、
「病気がまだ治ってないからいけないよ」
と伝えるのがちょっぴり悲しかったです。

今、溶蓮菌感染症が流行っているみたいです。
皆さんも気をつけてくださいね!

スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。