おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 育児の悩み > 夜泣き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜泣き

そうなのかなぁ~・・・、と思っていたけれど認めたくなかった^^;

だけど、やっぱりそうみたい。

ここ1、2ヶ月どうも夜泣き復活!みたいなのです。

だいたい8~9時の間に寝付かせているのですが、週に2~3日は11~12時の間に大泣きして起きます。

最初は
「悪い夢でも見たんだねぇ」
なーんて思っていたのだったけれど・・・。

こんな頻度じゃ悪い夢見すぎだって!!^^;


ジタバタして
「やだ~!やだ~~!寝ない~~!!」
と言いつつ目は閉じてたりしてるんですけどね^^
そんな風に寝ながら泣いてます。
しばらくトントン背中をたたいてあげて、手をつないでぎゅっとしながら添い寝をすると寝てくれます。

15~20分ぐらいで収まるときもあり。
寝付いた・・・と思ってそっと抜け出すとまたしばらくしてまた泣いて起きて・・・の繰り返しであきらめてそのまま一緒に寝てしまうときもあり。

でも、不思議なことに寝付かせているときに私も一緒に朝まで寝てしまうときがあったりするのだけれど、そういう時は100%朝までぐっすり寝てくれるんですよね。

やっぱり、1人で寝るのはさみしいんだろうなぁ。

ママのおなかに赤ちゃんがいる、ということがまだうまく本人の中で納得できてないところもあるのかもしれませんね。

トイレトレも逆戻りだったのが、3歳になった途端に
「もう3歳だから布パン(ツ)なの!」
と、自ら布パンにしてくれてトイレも行ってくれるようになり。

「もう3歳だからおっきくなるんだー」
とご飯もしっかり食べてくれるようになり。

「3歳」という年齢が娘にとっては特別な年だったようで、お姉ちゃんぷりをアピールさせられて
「もうこんなに大きくなったのかぁ。どんどん手が離れていくのかなぁ」
と思っていた矢先の夜泣きだったので、逆に
「やっぱりまだ甘えん坊だわ」
と、母親心ながらにちょっぴり嬉しい気持ちもあったり^^;

3歳ぐらいで、夜泣きするのはよくあることらしいです。
私の夜泣きの対処法は
「夜泣きで悩まないこと!!」

もうママ3年やっていると、子供のちょっとしたことって結局いつの間にか終わってるんですよね。

「あぁ、あの頃はこんなことで悩んでたっけ?」
ってほどに。

まぁ、1つが終わるとまた別の悩みがきていたりするのだけれど^^;

「悩み」は「悩む」からこそ「悩み」になってしまうんですよね。
長い人生の目線で見れば、こんなチビっ子を育てる期間なんて本当にあっという間のこと。

以前、友達から
「人生のスピードは、その年齢の速度で走っている」
と教えてもらったことがあります。

1歳なら1km/h、2歳なら2km/h・・・。
今、28歳の私は毎日を28km/hで走っているのだけれど、3歳の娘は3km/h。

そう思うと、母親としては出来る限り自分の時間の流れを3km/hに近づけて物事を見ていかなくてはいけない、と思うのです。

こんな風に夜泣くことだって、長い目で見ればほんのわずかな期間のこと。
寝ていたばかりの子が歩けるようになったように。
必ず変わっていくもの。
いつか治ることだから、今のうちはたっぷり付き合ってあげたいと思います。

夜泣きで悩んでいるお母さん、一緒に頑張りましょうね^^
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。