おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 育児の悩み > あたしのストレス解消法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたしのストレス解消法

コップで上手に飲めます


コップで飲めるようになってからはストローマグをめちゃくちゃ嫌がります。
外出時はとても大変。



ふみまるのプチエコ生活」のふみまるさんの育児日記この日の日記を見てとても共感しました。

娘はかわいい。
おそろしいくらいかわいい。
1日何回「かわいいなぁ~」って言ってるんだろう?ってくらいにかわいい。
かぶりつきたくなるくらいかわいい。

だんなのこともとても愛している。
育児には協力的ではないけれど(苦笑)とても愛している。
だんなもあたしのことも、娘のことも愛している。
愛情表現がとてもわかりづらいけれど。(苦笑)

実母も近くにいるので、週に1、2回は遊びに来てくれる。
姫ともたっぷり遊んでくれる。
その間、自分の好きなことができるわけでもないのだけれど、1人で娘と向き合っているよりは、2人で向き合った方がとても楽。

でも。
それでもやっぱり育児ストレスというのは知らず知らずにたまっていってるのだ。

お茶をこぼされてラグやらなにやらが汚れたとき。
コップやお皿を投げて割られたとき。(割られなくても。)
ご飯をぐちゃぐちゃにしてポイッと投げられたとき。
夜中起こされるとき。
外出しようとするときに限ってぐずるとき。
料理していると足元にくっついてきてぐずるとき。

そんな日常の中で知らず知らずのうちにちょっとずつストレスがたまって時々爆発してしまう。

生まれてからしばらくはその矛先はだんなに向かってしまっていた。
だんなのちょっとした態度でその爆弾が爆発してしまって。
ケンカがとても多かったときがあった。

娘が寝た後に泣き叫んだこともあったし、怒鳴り散らしたこともあった。
(恥ずかしいなぁ。あたし。)
娘を抱きかかえて実母のところに駆け込んだことも何度かあった。
娘の前では絶対ケンカをしない!と決めていたけれど、1度だけしてしまったこともある。

うちの場合は育児ストレス+だんなストレスもあったのだと思う。
特にうちは娘がパパになかなかなつかなかった。
たぶん平日は顔をあわせることがなかったから余計かな。
パパに抱っこされるだけでぎゃーぎゃー泣いて大変だった。
寝かしつけもぐずったときも夜中起きるのも100%あたし。
その上、家事も洗濯も100%あたし。
だんながいるときは、料理するときなんかはだんなに娘を見てもらいたい、と思っていたのに、結局片手に娘を抱っこして片手で料理、なんてこともあった。
そしてその間だんなはテレビを見ている・・・。

娘がぐずったりしているときに、しらっとした顔で寝っころがってテレビを見てたり、土日はだんなが娘をお風呂に入れるのだけれど、あたしが1人で入っているときに途中で起きて泣いてしまい、あわててお風呂から出てると抱っこもせず、ぎゃーぎゃー泣いている娘をほったらかしにしているときなどは、ホントに殺意を抱いた。(笑)

「オレが抱っこしても泣いてるんだから、抱っこしなくても一緒だ」とか。
うんちのオムツは絶対替えない、とか。
そんなときなどは離婚という文字がよぎったことも何度かあったりする。(笑)

でも1歳を過ぎてからはあたしの抱えているストレス爆弾も落ち着いてきた気がする。

それは、ケンカを重ねたことであたしもだんなも変わってきたこと。
あたしも過剰にだんなに期待してはいけない、と自分を反省したり、だんなも泣き叫ぶあたしを何度もみていろいろ手伝ってくれるようにもなった。

そして娘もパパになれてきたこともあった。

だんなに当り散らしたり、泣き叫んだり娘を抱えて夜飛び出したり。
今思えば恥ずかしいし、もっと大きな心でだんなにも娘にも接してあげることができたら、とも思うのだけれど、やっぱりそういうこともあたしたち夫婦には必要だったのだ、と強く思う。

やっぱり、育児の大変さ、というのはだんなは理解しづらいんじゃないかな、と。

ここ最近とても自己主張が強く、手に負えない娘と1日中一緒にいると、つい怒鳴りつけたくなる気持ちにたまになる。
キィーーー!!っとう気持ちになることがたまにある。

かといって、だんなに預けて外にはいけないし(生まれてから1度預けて外出したことはあるのだけれど、なきまくってしまいとても大変だったみたいで・・・。もう勘弁だそう。)娘と離れるわけにはいかない。

寝かしつけもあたし以外ではできない。

平日だんなの帰りは遅く帰ってくる頃には娘は寝てる。

じゃあどうやって解消するのか?

あたしの解消法は。
・とにかく娘を抱きしめる。
・手を握る。
・生まれたときから今まで撮った写真を見る。
・とにかく外に出る。
・甘いものを食べまくる。
・娘におっぱいをあげながらベットでごろごろする。
・一緒に昼寝をする。
・だんなが飲みに行ってご飯がいらないときに、ごくたま~にお弁当を買って料理をしない。料理していた時間を思いっきり娘と遊ぶ。片付けもなし。
・デパートが近所にあるため、デパートに行ってキッズコーナーで遊ばせる。
・夜中娘の服を作る。
・娘がいてもわんわん泣いてみる。
・娘をくすぐる。

ストレスのもとが娘であっても、同時にストレス解消も娘であるあたし。
娘をくすぐりの刑にすると、めちゃくちゃ笑うので、その笑顔で癒されます。

それと生まれてすぐの頃、寝不足だしなれない育児でホントノイローゼになりそうで。
夜中に泣いた娘を抱っこしながら「もう無理だ・・・」と座り込んで泣いてしまったことがありました。
そのときにふと娘の手を握ったときに。
とてもとても、小さくて。
でもしっかり血が通っていてあたたかくて。

改めて、こんなに小さいんだ、でも生きているんだということを肌身で感じてしまって。
余計に泣いてしまったことがありました。

ダメな母親でごめん、という気持ち。
こんなにちっちゃいんだ、という気持ち。
あたしがこの子の母親なんだ、という確信。
一生育てていかなければいけない、という責任。

なんだかいろんな気持ちがこみ上げて。
あの時の娘の手の感触は今でも忘れないし、それを思い出すと「母親なんだから!」と自分にカツが入るのです。
だから、あたしにとって娘の手を握る、ということはそれだけでがんばれる源なのです。

ふみまるさんが書かれていたストレス解消法もとても励みになりました。

ストレスがたまってしまうことは決して悪いことではないのです。
だから育児ストレスがたまっているそのことを悪く思ったりすることはないと思うんです。
ただ、それがうまく発散できずに子供に向かってしまうことだけは避けなければいけないと思います。
だからこそ、自分なりのストレス解消法を見つけることってすごく大事。

そして、家族の協力もとても大事だと思います。
ケンカは嫌だけれど、それが必要なこともあると思うのです。
うちがそうでしたから。

そして、こうして親になる自覚を与えてくれる娘にはやっぱり感謝です。
だんなにも感謝。
やっぱり家族は力を合わせないと!
スポンサーサイト

Comments

post
2005-08-22 10:26 
銀の夢 #27
おはようございます
先日日記に書き込ませていただいたおせっかいマダムです。
育児って苦しくて楽しいですよね。
なんだか昨日のように蘇ってきます。
おっぱいの卒業に関しては「桶谷そとみの母乳育児」がとてもユニークで私はこの方法で4人完全母乳で育てました。
ご主人に関してはサボったつけはごいずれご主人に回ってくるって事です。大きくなってからパパになつかないよって脅してやりなさい。
2005-08-22 14:22  ストローマグについて
かこちゃん #28
はじめて書き込みさせていただきます。私も泣叫んでいたこともあり。その時に夫が言ったのは、窓を開けたままで叫ばないで、と。離婚しようと思いましたよ。また続いています(笑)

ストローマグ、うちの子も嫌がってました。夜中の水分補給に困るなと思っていたら、ママ友から、水筒にストローがついてるタイプ(押すとポンとストローがでてきます)なら楽しんで使ってるよと教えてもらって、1才半から使っています。喉乾くと、しんかしんかんせん、ちゃちゃ、ちょーだい(中は麦茶)と言ってます。姫ちゃんの、好きなキャラクターのものなどがあるといいですね!
2005-08-23 17:13  こんにちわ。
こにゃんさんの日記を読ませていただいて、『全く同じだ!!』と、何回もうなずきながら読まさせていただきました。

うちの主人は、身の回りのことは全く出来ない(しない?)し、一人にするのが不安なので、私は里帰り出産しませんでした。(妊娠中に、地元から今住んでるところに転勤になったんです・・)
周りから、絶対に帰るべき!と言われたんですが、もともと子供が苦手な主人が、1ヶ月も産まれてすぐの娘と離れてたら、絶対に子供に慣れないだろうし、二人の子供だから一緒に頑張りたかったんです・・・
主人も頑張る!と言ってくれて、安心してました。
正直、殺してやろう!と思いました(発言やばいですね・・)
うちも、毎日怒鳴りあいの喧嘩してました。

しかし!!
産まれたら、『怖くて抱っこできない』とか、こにゃんさんの旦那さんと同じく『抱っこしても泣くんだったら、置いてても一緒』とか言ったり、あげくのはてに『育児なんてただ子供と一緒にいたらいいだけでしょ?働いてる俺のほうがしんどい』って言われました・・・
正直、殺してやろう!と思いました(発言やばいですね・・・)
ほんとに、おかしくなりそうでした。

娘に対しても、『何で泣くの?!』と大きい声を出したこともあります・・
でも、夜寝ているときの顔や、ニコニコしてくれたりしたら、ほんとに申し訳ないな~っていつも思ってました。

今もまだまだ大変ですが、娘との時間を楽しもう!と決めました。

なんか、意味不明な文章になってすみません。
私と同じように感じている人がいて、ちょっと救われました。

追伸:ブログをpass制にしようと思ってるので、またメールさせてもらっていいですか??
ぜひぜひ、お暇なときに、うちの娘をみてやってください。
2005-08-24 02:09  うちも!
ナホ #30
はじめまして。
ちょくちょくおじゃまさせていただいてます。

うちの娘もずーっとママっこでした。
寝つきも悪くわたしじゃないと寝てくれないのでほんと自分の時間がなくって、気が狂いそうでした。
やっと寝た~と部屋をでると、ダンナが寝転んでテレビを見てたりして。
ほんとむかつきました。
何度けんかしたことか。

4月に2人目が生まれたのですが、里帰り出産で母も仕事をしていたため、ほぼ1人で新生児と2歳の娘の世話をしなくちゃいけなくて、すっごい大変でした。
睡眠不足もあったし。
人間寝れないと神経もマヒしてくるものですね。
正直何度か娘に手を上げてしまいました。

夜中ダンナに「もう限界!」とメールを送ったりしていたので、ダンナもわたしの大変さを感じたみたいで、自宅に戻ってからすっごい協力してくれるようになりました。
(っていうか2人いると協力してもらわないと無理!)

娘のわがままがすごくって、何をやるにしても「ヤダー!!」と大泣きで発狂するし、娘の前でわたしも「ママがんばってるよ!なんでそんなこと言うの?」と大泣きもしました。(はずかしー(-_-;))

でも下の子が4ヶ月になった今、本当にお利口になってきました。
大変な時期ってもう永遠に大変なような気がするものですが、
今ではうそみたいです。
下の子が泣いていると、自分が何かで遊んでいても飛んでいってがらがらを振ってくれたり、「どうしたの?」とほっぺをさわったり。
これは感動ものです。

こにゃんさんも今は大変な時期だと思いますが、いつかは終わりがくる!と信じてなんとかかわしてくださいね。

長くなってすいません。
2005-08-25 23:03  共感します
内田 #32
まだ子供もいないのに、ヘンなのですが・・・。
今仕事でとてもストレスがたまり鬱っぽくなってしまったことも
何度か。
こにゃんさんのブログを読んで、
みんながんばってる、ということがダイレクトに伝わり
甘えてる自分が恥ずかしくなりました。
でもこにゃんさん、まじめすぎるから
たまにはゆったりできますように。。。
2005-08-29 01:06  銀の夢さんへ
銀の夢さんこんばんは!
お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした!
こちらにもコメント、すごくうれしかったです♪

おせっかいマダムだなんてとんでもない!!
ホントコメントすごくうれしいので、ありがたいですよぉ~!!

>育児って苦しくて楽しいですよね。

本当にそのとおりだと思います。
楽しいばかりじゃ子供を育てることは出来ないと思うし、苦しいことがあるから親としても成長していけるんですよね。
苦しいことは、「子供から教えてもらうチャンス」だと思うようにしています。

おぉ~!銀の夢さん、桶谷式なんですね!
あたしも桶谷式を結構信じていて、卒乳のときは桶谷式に通おうと思っているのです。

だんなは今もうすでにツケを払っているようです。(笑)
パパに抱っこされるのをいやがるんですよぉ~。
でも娘も日に日に慣れていっているようです。
「ママもパパも大好き」なんて娘に言われてみたいです♪

2005-08-29 01:09  かこちゃんさんへ
かこちゃんさん、初めまして!
コメントありがとうございますー。
お返事が遅くなって本当に申し訳ないです。

おぉ~!同じ経験をされていらっしゃるのですね。
やはり女と比べて男はどうしても母性本能が足りないんでしょうね。
お互いがんばりましょうね!

マグの件、ありがとうございますー!
そういう押すと出てくるものって子供はホント好きですよねー。
それならうちの娘も喜びそう!
いい情報ありがとうございます!
2005-08-29 01:21  あつこさんへ
あつこさんこんばんはー!
コメントありがとうございます。
お返事がこんなに遅くなって申し訳ないです。

あつこさんのコメント、うなずきながら読みましたよぉ。
ホント一緒です。

あたしも里帰りしなかったんです。
絶対離れてしまうとダメだろう、と思ったので。
だけれど、うちは周りから反対されて産後2週間ぐらい実母がうちに来て助けてもらいました。

あたしも1ヶ月ぐらいはやばかったですね。
今でもだんなに「あのころのお前はやばかった」といわれるぐらいです。もう笑い話ですが。
ネットでも「育児ノイローゼ」なんて検索したりして。
なんで、自分の赤ちゃんに対してこんなにイライラしたりするんだろう、って自分が情けなくって。
そこであるサイトで
「育児ノイローゼはだんなノイローゼだ」という言葉に出会いすっきりしたことが。(笑)

ホント育児は1つが楽になるとまた大変なことがやってきますよね。
でも、育児は長い道のり、お互いあまり気負わずに無理しない程度にがんばりましょうね。
子供の笑顔ってホント癒されますよねー。
あの笑顔でがんばろう!と思えますもん。
笑ってくれたら1日ハッピーだったりして、なんだか恋している気分です。(笑)
2005-08-29 01:30  ナホさんへ
ナホさんはじめまして!
わー!見てくだっさっているのですね!ありがとうございます!
お返事が遅くなって申し訳ないです。

うちもね、寝かしつけはあたしじゃないと無理なんです。
それが時には優越感を感じたり、時には「パパでも寝てくれよぉ・・・。」と思ったり。
月齢が低いころは何度も起こされたりするから大変ですよね。
2人の子育ては本当に大変だと思います。
ホント2人で力をあわせないと乗り越えられないですよね。

でも、親も子供に育てられるけれど、長女ちゃんもきっと赤ちゃんにも育てられているのでしょうね。
赤ちゃんを見て、がんばっているママを見て、
「おねえちゃん」という気持ちが出てきたのでしょう。
あやしている姿、想像したらなんだかとてもシアワセな気持ちになりますー。いいなぁ~~~。

育児は長い道のりですからね。
お互いがんばりましょうね!
コメントありがとうございます!
2005-08-29 01:35  内田さんへ
内田さんこんばんは!
コメントありがとうございます!
そんな子供がいなくても共感していただけること、全然おかしくないですよ!うれしいです。

ホント、働くということも大変ですよね。
でも立場が違くても、同じようにがんばっている人がいる、というだけで救われることも多々ありますもん。
甘えることは悪いことではないと思いますよぉ。
ただ、「甘え続ける」ことがいけないだけで。
何かを甘えて心が切り替えられたら、それっていいことですもん。
お互い無理せずやっていきましょうね!
2005-09-20 02:54  こんばんみ
半年前と比べると自分が大分楽になっていると思いませんか??

私の場合、やっぱ半年で大人(自分)は大して変われないと思うのですよ。

でも子供の半年ってとってもすごい成長力なのです。

だから半年がんばって、半年前を思い出して1ミリでも楽になっていたら
『あと半年がんばろう』って私はそれの繰り返しです。

我が家も旦那に期待しても更にストレスたまるだけ(笑)なので、
自分のペースでやってますよ~。

でも実際はでかけられなくても「子供みてるから今日は買い物でも行って来いよ」の優しい言葉が欲しいよね~。

その言葉だけでも妻はやる気が出るのにな。

おっと最後は愚痴っぽくなっちゃった。すみません。

なんかですね、こにゃんさんの育児日記は自分にそっくりな気持ちの
事が多いので励みになります。
2005-09-20 23:29  ちゃりままさんへ
ちゃりままさんこんばんは!
コメントありがとうございます!

>半年前と比べると自分が大分楽になっていると思いませんか??
ホントそうですね。
1人でしっかり歩けるようにもなって時々ママのお手伝いもしてくれるようになっています。
子供の成長力は本当にすごいですね!
かたやあたしは・・・と思います。
しっかりしなければ!
子供に教えられることは本当に多いですね。

夫婦の間でも思いやりというか、言葉で伝えることもとても大切ですよね。
言わないとわからないことってたくさんありますもん。

同じような気持ちでがんばっているママがいる、ということはとても支えになります!
お互いがんばりましょうねー!!
2005-09-28 11:17  こんにちは!
ぴろぴろ #81
こにゃんさん、はじめまして。
私は4歳、3歳、9ヶ月の三児の母です。
毎日子供たちに振り回されて身も心も削られっっぱなしでへとへとの時にこにゃんさんの日記を読ませて頂いて、目からうろこでした。

長男と長女は1歳1ヶ月しか離れていないので長男がよちよち歩き出した頃に長女を出産。次男を妊娠、一戸建て購入、主人の転職、結婚して5年足らずに10年分の出来事が一気に・・・って感じで。
主人は幸い私の気持ちを理解してくれているのですが、子供と24時間向かい合っているのは私。上の二人は来年から幼稚園に入れるつもりなので今は家が幼稚園状態。発散してもしてもストレスは溜まるばかり・・・。少し前には死ぬほどお腹が痛くなって【急性腸炎】に。それでも休む暇もあるはずもなく(@_@;)

そして気づくと四六時中小言ばかり言って、すぐに怒鳴るようになっている私がいて、自分でもいけないと思いながらどうにもならなくて、更にストレスが溜まるという悪循環を繰り返していました。

そして、一番我慢しているであろう長男に異変が。最近少しのことでかんしゃくを起こし私に対して暴力を振るうようになったのです。
長男が悪いんじゃない、私が変わらなければ・・・と思っていたときにこにゃんさんの日記を読ませて頂きました。

ストレスが溜まるのは当然。それを子供に向けるんじゃなくて自分で処理しなければいけないんですよね。こにゃんさんのストレス解消法を参考にして頑張って『楽しく子育て』を目指してみようと思います!

長くなってしまい申し訳ありません(汗)
2005-10-04 23:27  ぴろぴろさんへ
ぴろぴろさん初めまして!
書き込みありがとうございます。
3人のお子さんのママさんなんですねー!
すごいですー!!

お子さんの年齢が近いと大変ですよね。
想像しただけでも大変だなぁー、と思うので実際はもっともっと大変なんですよねー!
母親業は24時間休みなし、なんですよね。
働いているときとはまた違った忙しさに毎日追われてなんとかやりすごしているような感じです。
病気のときでも休むことは出来ないし。
その中3人のお子さんを育てられていてすごいですよ!!
自分自身が娘1人にいっぱいいっぱいになってしまうことがなんだか情けなく思います。

子供って親のことをよく見ていますよね。
最近身をもって感じています。
親がイライラしてしまうと、子供もそれを見て真似するようになっちゃうんですよね。
私自身もまだまだ未熟だからうまくストレスを発散できずイライラすることもあるけれど、そんなときは深呼吸して落ち着けるようにしています。
それがとても難しいんですけどね。(苦笑)
でもこういう経験も大切なことだと思うんです。
イライラしてしまうことを反省するからこそ成長できるというか。
お互いがんばりましょうねー!
ぴろぴろさんからいい刺激を頂きました!
明日も頑張ります!
ありがとうございました!!
2009-12-08 14:24  ありがとうございました
よしゅ #598
読んでいて、涙が出てきました。

2歳の娘、2カ月の息子に追われる日々です。
娘のちょっとした言動に毎日イライラ。
息子の誕生に、まだ落ち着かない&いっぱい我慢をさせていることがわかるから、さらにイライラする自分に自己嫌悪。
いつか自分がとんでもない事件を起こしてしまいそうでした。

でも、このイライラも自己嫌悪も、自分にとって必要なものなのかもしれないと思いました。
娘に関しては、何もかもが初めてで、うまく対応できなくて当たり前。娘と毎日がちんこ勝負していることは、きっと大事なことなんだって。向き合っている証拠ですよね。

あぁがんばります!
出会えてよかった。ありがとうございました。
2010-01-08 06:40 
よしゅさんへ

よしゅさんはじめまして。
コメントありがとうございます^^

そうおっしゃっていただけて、この記事書いてよかったと思いました。
こちらこそありがとうございます。

2歳の娘さんと2か月の息子さん、1番大変なときですよね。
すっごくわかります。

私もいっつも笑顔のママでいたいってすごく思うし、長女のこと怒ってばかりだな~と反省したり・・・。
なかなか自分の理想の母親像には届かないです^^;

でもイライラすることばかりじゃなくて、子供が2人もいて幸せだな~って思うことも多々ありませんか?
それが感じられるだけでいいんじゃないかって思えるようになりました。

子育てして、いかに自分が子供だったんだって思い知らせれています^^;
でも、それでいいんだと思います。

お互い頑張りましょうね!
2010-03-11 19:57  ありがとうございます。
かすみ #619
先日から拝見させていただいてます。
こにゃんさんの記録に本当に助けられました。
うまく表現できない自分の気持ちが言葉になっていて。。。
コメントはなくても私以外にも同じ思いの人はたくさんいるのでは。
児童虐待など悲しい事故も実はこういう個人のブログから減らせるのかもしれないですね。
そう思うと私も自分の育児記録をがんばってブログにしてみようかなぁなどと思ってみたりもします。
今のところはちょこちょこ育児記録をつづっていて娘がお嫁に行くときに渡そうかな。。。ぐらいですが













2010-04-03 02:21 
かすみさんコメントありがとうございます!
お返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした。

助けられただなんて、恐縮です・・・。
私も、本当にストレスがたまったり、育児ノイローゼになった時に、1番救われたのはネットにあった誰かが書いていた日記でした。

「誰もわかってくれない」って気持ちよりも「誰かも同じ気持ちなんだ」って思える方がすごく救われますよね。
「1人じゃないんだ」って。
お母さんは、みんな一生懸命頑張っていて、でもその分つらいことも沢山抱えすぎていると思います。

是非、ブログ書いてみてくださいね^^
私自身、自分が過去に書いたものを読んでみて今を反省したりすることも多々あります^^;
ちゃんと文章に残すってことはすごく大切なことなんだな~って思います。
Comment form

Trackback

Trackback URL
育児ストレス解消方
自称節約家フリュイのきままな日記 #1  2005-08-22 16:10
↑今日作ったって言ってもね・・・百均の額にボタン貼っただけ♪気分転換に好きなことしたかったので不器用でも出来る手作り雑貨♪今日はこにゃんさんの育児日記にトラバさせて頂きマス。もの凄く共感なんです。我が家には、2歳10ヶ月の女の子と1歳8ヶ月の....
「第一回アクセスアップ友の会」参加サイト
育児日記 #7  2005-11-25 09:48
「第一回アクセスアップ友の会」参加サイト サラリーマンの面白ニュース発信様 都営住宅日記様 参加頂きありがとうございます。 右側のメニューに追加いたしました。 「第二回アクセスアップ友の会」の募集時期は12月上旬に行いたいと思います。(予定) とはいえ、「
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。