おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 育児の悩み > 手がかかるって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手がかかるって

私は生まれてからずっと、
「うちの娘は本当に手がかかる!」
と思い続けてきた。

赤ちゃんの頃は、本当に寝ない子で1日中泣き喚く娘を抱っこしたこともあった。
ご飯もいつも抱っこで片手で食べるような毎日。
夜中は1~2時間ごとに起こされるし。

しばらくたってからも、ママっ子でなかなかパパに懐かなくて大変だった。
パパが抱っこするだけでぎゃーぎゃー泣いて、パパに見てもらって・・・なんてことは1日たりともなかったし、お風呂に入っている最中だって娘が起きれば速攻出て寝かしつけなきゃいけなかった。

おっぱいもなかなか離れなかったし、寝るときもおっぱいがないとぐずって大変で外出もままならなかった。

そのたびに
「なんて手のかかる子だろう?!」
と思っていた。

他の子連れのママたちが、自分よりも楽そうに見えて、他の子がみんな手のかからないいい子に見えてつらかった。

だけれどいつからだろう。
「なんてうちの子って手がかからないんだろう!」
なんて思うようになっていた。

病気や怪我で心配をしたこともない。
とにかくたくさん遊んだり抱っこをしてあげればご機嫌。なんて単純!
泣いている顔だって変な顔で笑ってしまうこともしばしば。

あぁ、ホント手がかからなくなったなぁと思う。

いったい何が変わったんだろう。

もちろん、娘の成長によるところも大きいと思う。
意思の疎通も出来るようになったし、会話も出来る。
1人で歩くことも走ることも出来るようになった。

でも、成長とともにわずらわしいことも増えてるのも確か。
「自分でやるー!」
となんでも自分でやりたがり、出来なければ出来ないでぎゃーぎゃーわめくし。
あまのじゃくで、「お風呂に入るー!」といって入れると「出るー!」といい、じゃあと思って出ようとすると「入るー!」の繰り返し。
おいおい、いったいどっちだよ^^;と思うこともしばしば。

わけもわからず泣き喚いたりもするし。

でも、そんなことも受け止められるようになったのは、娘と2人で生きてきたからなのだと思う。

家族が突然増えて、すぐに「母親」になれるわけではなかった。
自分の時間が持てないこと、何をするにもどこに行くにも娘と一緒、ということにとても強いストレスを感じることもあった。

でも、そんな「母親」になりきれてない私と接する娘もさぞかし大変だっただろう。
何かして欲しくて泣いてもわかってもらえなかったり、寝るときは側にいて欲しいのに、寝そうになるとそっとママがベットから抜け出したり。

本当に2人でがんばってきてんだ、と思う。
慣れない母と慣れない娘と、平日は2人きり。
うまくいえないけれど、お互いホントにがんばったのよ。

その時間の積み重ねが私に「娘のいる生活」を当たり前にしてくれたし、娘も「ママといる生活」に慣れてきたのだと思う。

あの頃はまさか自分が「手がかからなくなったわー」なんていうとは思ってもなかった。
だけれど、そのときは必ず来る。来た。

誰だって最初からママにはなれないし、時間が解決するということも多々ある。
いろいろ考えるよりも、とにかくひたすらがんばって時間を重ねることだってとても大切なことなのだ、と思う。

そして、まだまだ私はがんばって重ねなければいけない時間がたくさんあるのだなぁ、と思う。
スポンサーサイト

Comments

post
2006-03-17 01:00 
アン #244
こんばんは。
これ、すごい分かります!!
たんたんも、手がかかる子でした。
でも一時期、何てラク~と思えるようになり、また今は悩み期に突入しています。
でも、最初の頃の悩みとは違うし、子供と一緒に確実に
ママ業も成長してるんだと思えるようになりました。
今、足が痛いと騒ぎ泣かれ、やっと寝付かせた所で
この日記を見て、今の寝かしつけも大変だったけど
ベビーの頃はもっと大変だったなぁと思いました。
これからまた悩む時期は来るでしょうが、きっとそれも
育児の楽しみの1つなんですね。
また明日も頑張ろう、そう思える日記でした。ありがとうございます♪
2006-03-23 00:59 
そうそうそうです。
出産して「ハイ、今日からこの子の母親です」って
言われても、いきなり母になんてなれなかったです。

私も気がつけば育児を6年もしていて「育児に慣れた」なんて思った事もないし
「お母さんらしく」はなっていないけど
自分を「少しは大人になった」と思えるのは
紛れもなく子供たちのおかげと思います。
ホントに子供と一緒に「成長」させて貰った感じです。
2006-03-26 19:12  分かります^^
こりん #246
こにゃんさん、こんばんは^^
うちの子も相当手がかかる!と思っていました。
とにかく落ち着きがなくて、お買い物に行っても
お店を入った瞬間からヨーイドン!って走ってどっか
行っちゃってお買い物どころじゃなくなるし(笑)
 
でも、手がかかるのは、それだけ手をかけて育てているのだと
思うし、子供に教えられることも沢山ありますよネ^^
 
お互い頑張りましょう♪
2006-04-21 01:31  遅くなり申し訳ありません・・・。
コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません!
まだ見てくださっているでしょうか・・・。
本当にごめんなさい。


☆アンさんへ
アンさんこんばんはー!ホントにお返事が遅くなって申し訳ないです。

うちもまた「キーィッ!!」って時期に突入です・・・^^;
この繰り返しなのでしょうねー。
本当に親が試されている、と実感してます。
なんでこんなちっこいのに、こんなに私は頭にきてるんだろう、と反省の日々を過ごしてます。

でもアンさんのおっしゃるとおり、悩みも日々進化しているし、お互い成長しているのですよね。
この年でこんな風に成長をさせてもらえるなんて子供に感謝しなければいけませんね。

明日こそ怒らないぞ!


☆ちゃりままさんへ
ちゃりままさんこんばんは!
本当にお返事が遅くなって申し訳ないです。

本当におっしゃるとおりです!
私も、生まれてからなかなか母親にはなりきれない日々を過ごしました。
じゃあ今は、といえばあの頃よりは母親にはなっているのは違いないけれど、完璧に「母親」にはまだなりきれてません。
でもそれでいいんですよね。

本当にこの年で教えられることが多くて、子供には感謝ですよね。
お互いがんばりましょうー!!


☆こりんさんへ
こりんさんこんばんは~!
コメントありがとうございますー!お返事が遅くなって申し訳ないです!!

>でも、手がかかるのは、それだけ手をかけて育てているのだと思うし、子供に教えられることも沢山ありますよネ^^

なんかこのお言葉に救われました。
うまくいえないけれど「間違ってなかったんだなー」って。

お互い子供に教えられながら^^;育児がんばりましょうねー!
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。