おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト おねえちゃんの話 > 長女 そらまめキッズで1泊2日のキャンプで沖ノ島へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女 そらまめキッズで1泊2日のキャンプで沖ノ島へ

okinoshima-01.jpg


先日、長女が1泊2日のキャンプで、千葉県館山にある「沖ノ島」へと行ってきました。

今回、利用したのは「そらまめキッズ」。

だいたい、「小学生 キャンプ」なんて検索すると上位で出てきます。
あとそらまめキッズのサイトを見ればわかるのですが、キャンプが多種多様!!

工場見学や職業体験から、なんとあの「逃走中」まで体験できちゃうんです!!
そらまめキッズで検索してたら、この逃走中もよく出てくるので、かなり人気なんでしょうね^^
まぁ、うちの小学校でも流行ってるみたいですしね。

で、今回選んだのは沖ノ島でシュノーケリング、1泊2日というコースでした。
なぜこれにしたのか、というと、昨年の旅行でシュノーケリングをして長女がとてもシュノーケリングを気に入ったこと。
無人島の探検などもあったり、海も綺麗で、長女が喜びそうなプランだったこと。

2泊3日のコースでもよかったのですが、今年は夏期講習にもお金がかかったり、夫の手術もあったりで、日程などの調整もあって1泊2日を選びました。

受付初日に応募したのですが、2,3日でもう締め切られていました!
人気なんですね~。
低学年~高学年までまんべんなく揃っていたみたいで、1泊2日でお手軽でしたしね。
この沖ノ島は毎年人気なようで、あっという間に締め切ってしまうみたいです。

で、これを申し込んだのが5月。
6月、長女は小学校で宿泊体験があったのですが、なんとその宿泊先で中耳炎になり・・・。

治りかけで再発を繰り返し。

なんと!!2ヶ月後、キャンプの3日前でも治療中だったんです・・・。およよ。

(そしてキャンプ後切開したにもかかわらず、なんと鼓膜が塞がった後に鼻水を出してしまい、今また振り出しに戻りました・・・。長い。長すぎる!)

医師に確認したところ、首から下までは海に入っていいけれど、もぐるのはNGとのこと。
そりゃそうよね・・・。

ということで、そらまめキッズにシュノーケリングができないけれど、みんながシュノーケリングしている間に見学することは可能かどうか、と問い合わせました。

担当の方がとてもよい方で、現地のインストラクターの方などにもお願いしてくださったようで、
インストラクターの方を1人、見学の長女用に付けてくれることにして下さって。

本当に感謝でした。
見える範囲であれば、1人でいても大丈夫だろうとは話したのですが、万が一何かあってはいけないので、と。
「せっかく申し込まれたので、楽しんで帰っていただきたいので。」
とおっしゃって下さって、本当に嬉しかったです。

1番メインの、しかも何より楽しみにしていたシュノーケリングが出来なくなって残念がっていたのですが、帰って来たら、とても楽しめたようで、本当にスタッフや現地のインストラクターの方に感謝です。

みんながシュノーケリングしている間は何をしていたのか聞いたところ、
付いて下さったインストラクターの方と貝を探したそうです。

長女はどうしても「タカラガイ」が見つけたくて探してたのですが、全然見つからなかったようです。
そしたら最後にそのインストラクターの方が「タカラガイ」を数個下さったようで。
感激して、大事そうにその貝を持って帰ってきました。
帰ってきて、すぐ宝箱にしまっていましたヨ^^

潜ることはできなかったけれど、海水浴もばっちり楽しめて、シュノーケリングができなかったけれど、水中メガネをつけて海の中は見たそうです。
「ウミホタル」も夜見たり、みんなで花火をやったり。
前日に私と、「(嫌いな)エビフライが夕飯だったらどうしよう~」なんて言っていたら、まんまと夕飯がエビフライで(笑)1口だけ食べたけど後は残しちゃったこと。
いろーんな話をしてくれました。

今年は、お盆休みが夫の手術だったので旅行には行けなかったので、その分長女はいい思い出が作れたようで何よりでした。

そらまめキッズは、ブログで子供達の様子を逐一報告してくれていて、それがかなりマメに更新されるんです!
(昨年のキャンプでは、電波も届かないところだったこともあり、発着しかわからず2泊3日どうしているのか不安だったりもしました^^;)
写真つきでUPされるので、長女が写ったりなんかすると安心したり、次女と一緒に見て笑ったり、夫にも知らせたり、とこっちも楽しかったです。
(エビフライの件もブログの写真で気付いて、次女と爆笑しましたw)

今回もお友達と参加したのですが、班もそのお友達と一緒だったみたいです。

ちなみに昨年は、自立を促すことが目的だったのでお友達とは別の班にする、と事前に言われていました。
(後、悪いことをすればきつく叱ります、とも事前に話がありました。まぁ、それは当たり前なのですが。)

なので、そういうところと比較すると、自立うんぬんより、子供が楽しむことが何より優先なのかな、と思いました。
ゆるーい感じでしたが、それでもキャンプの手帳には埼玉や東京などのお友達の住所や名前も書いてあり、新しいお友達も作れたみたいで、仲良しのお友達と常にべったりではなかったようです。

ハードなキャンプを望む方には向いていないのかもしれないですが(コースによって違うとは思います。)、キャンプは初めてで親子で心配、とか、あまりハードなことはしたくないけれど、少し宿泊体験をさせたい、と思う方にはおすすめです。

ちなみに、昨年はテントで寝袋を経験しましたが、今回はホテルでの宿泊だったようで。
「実はテントはすごく嫌だったんだよ・・・」
と、今回のキャンプに向かう電車の中で、うちの子もお友達も話し出して(笑)

私も、お友達のママも、
「初耳!!帰ってきたら楽しかったって言ってたじゃーん!!」
と驚かされましたw

虫とかいっぱい入ってきたりして、嫌だったそう^^;

まぁ、そんな体験も1度出来たので行かせてよかったと思っていますが、女の子ですからね^^;
来年も行けるなら、そらまめキッズでお願いしたいな~と思いました♪
(しかも、初日のお昼はそらまめキッズ側が用意してくれたんです^^vお弁当作らなくてラッキーでした!というのも大きな理由の1つです(笑))

長女のキャンプは2回目で、2回とも留守番組だった次女は、幼稚園のお泊り保育で自信をつけたこともあり、
「来年は一緒に行きたい!」
と言っています。

ふ、二人分かぁ・・・。
ハハ頑張るよ^^;
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。