おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト オススメ育児グッズ > 宮本算数教室のドリル買いましたか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮本算数教室のドリル買いましたか?

miyamotosansu1.jpg

テレビを見て、買った人も多いのではないでしょうか?
長女に見せたら
「ママ、絶対買うと思ったー!」
といわれました^^;

私、どんだけ教育ママだと思われてるんだ?(笑)

先日テレビで「宮本算数教室」が取り上げられていて、食い入るように見てしまいました。
難関中学合格率が8割以上。
教育のモットーは、

1.子どもからの質問は一切受け付けない
2.とことん自分で考え、自力で答えを出す訓練をさせる
3.最も進度の速い子どもに合わせたスピードで進む


テレビで見たのは、90分間 算数パズルに取り組む子供たち。
先生が生徒にかける言葉は、
「まる」「ボツ」の2言だけ。

でもそこに通う子供たちが口ぐちに言うのは、
「算数が楽しい!」
ということ。

それまで算数が苦手だった子が得意になっていく。
算数が大好きになっていく。

たぶん、多くの小学生の子を持つ親が釘付けになったんじゃないか、と思います^^

宮本算数教室は、1学年1クラスで定員20人。
毎年秋に申し込みがあるそうなのですが、ファックスの受付で先着順。
それはそれは激戦で、キャンセル待ちが500人以上?!とか!

そしてそのテレビでは、通えない子たちのためにドリルが販売されている、と紹介されていました。
そして・・・。
まんまと買ったというわけです^^;

何種類かあるうちで、私が選んだのは賢くなるパズル(たし算 初級)
賢くなるパズル(たし算 初級)

賢くなるパズル(たし算 初級)

価格:630円(税込、送料別)



教えないのがモットーなのですが、やり方は説明して1問だけ一緒に解いてあげました。
そしてそのあとは、全て長女に任せてみました。

出来るかな~と思ったのですが、

miyamotosansu2.jpg
意外と出来るもんですね^^

最初は3×3マスで、1~3のみなので1年生でも簡単です。

テレビを見ていた時には、うちの長女は
「やりたくない!」
って言ってたんです。

が、やらせてみると、
「楽しい!」
とのこと!

勉強というよりはパズルを解く感覚、ぱっと見て出来るわけではないのでちょっと考えることで得られる達成感などがあるのでしょうね。

miyamotosansu3.jpg

そして、数ページごとに「10級」「9級」とわけられていて、級の終わりのページには全部賞状がついています。
これもすごくうれしいみたいです^^

初級は、10級~8級まで。
10級は6ページ、9級は15ページ、8級は13ページあります。

自分で考える力、それと集中力がすごくつくと思います。
問題自体は1年生でも難しくないので、算数が苦手、と最初から苦手意識を持っている子には特にオススメです。
こういう風に自分で考えて解けるとその教科が好きになりますもんね^^

なかなか考えられてたいい教材です!
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。