おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト ドラゼミ > 我が家がドラゼミに決めたポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家がドラゼミに決めたポイント

dorazemi12_20100924005613.jpg

何度もドラゼミのことをブログで書こうと思い、なかなかどこから書いていいのかわからずにいたのですが^^;
頑張ってうちの体験談を書いていこうと思います!
我が家では、長女の入学前、2月からドラゼミをやっています。
幼稚園の年中からそれまでは、しまじろうのこどもちゃれんじをやっていました。

ドラゼミは、資料請求するとドラえもんの日本地図がもらえたんです。
それ欲しさに資料請求をしたのですが、ついてきた教材のサンプルが思っていたよりよかったんですね。

年長の夏休みぐらいから、しまじろうからは「小学生準備の案内」で申し込むとコラショの時計やらがもらえる、という案内が何回も来ていて^^;
小学校にあがるにつきドラゼミに切り替えるか、コラショにするか、悩みに悩んで長女が出した答えが「ドラゼミがいい!」とのことだったので、ドラゼミにしました。

私が教材のサンプルを見てドラゼミの方がいいな、と思ったポイントは、

▼読み書き作文を大事にしている
・・・届いた親向けの案内に、えんぴつの持ち方、字を書く時の姿勢などが細かく載っていました。
これは、しまじろうをやっていた私にとってはちょっと衝撃でした。だって、しまじろうではそこまできちんと書かれてなかったんです。
また、しまじろうはシールを貼ったりする問題が多いのに対して、同じ時期のドラゼミはしっかりと字や文を書かせる問題でした。

この印象は、受講してから半年以上たちましたが今も変わりません。
ドラゼミには国語とは別に「作文トレーニングシート」といって作文用の教材があります。
連想ゲームや擬音探しなどから始まって、最終的に読書感想文が書けるようになるためのトレーニングです。
これが、大人でも難しいこともあり^^;
長女と相談しながら、いろいろ話して答えを2人で導きながら頑張っています。
文章を書く力、発想力、感じたことや思っていることを言葉にするトレーニングになります。

▼ふろくがない
・・・しまじろうは毎回何かしらのふろくがついていました。
長女もそれを楽しみにしていたのですが、毎回ついてくるととにかく多くて・・・。
おじぎ草を育てたりなどの良質なふろくもありましたが、毎回良質というわけではなかったな、というのが正直な気持ちです。
収納場所に困ることもあり、また結局毎月新しいふろくが届くものだから以前のには飽きてしまい使わなくなってしまったりでもったいなかったです。
ドラゼミは、初回にふろくらしいものがついてきましたが、

dorazemihuroku.jpg
計算マシーンと目覚まし時計でどちらも役に立つものでした。
特に計算マシーンは、1桁の足し算、引き算だけではなく、2桁の足し算、引き算、掛け算なども出来るようになっていて、長く使えるのでとてもいい教材だと思います。

▼シールがない。白黒でごちゃごちゃしていない。
しまじろうの教材はほとんどがカラーでイラストもごちゃごちゃしている、という感じでした。
それが子供向けだから仕方ないのかもしれませんが、一方ドラゼミのサンプル教材は全部白黒でドラえもんのイラストがちょこっとあるだけでシンプルだったんです。

この部分は親の好みになってしまうと思うのですが、私は個人的に勉強するものはシンプルな方が文や文字に目がいくと思ったので、その点もドラゼミはよかったです。

▼ドラゼミの方が少し難易度が高い?
年中ぐらいまでは、しまじろうのこどもちゃれんじの教材はとても長女に合っていたのですが、年長ぐらいからはどうも簡単になってしまったようで。
サンプルをもらってみて、ドラゼミの方が少ししまじろうよりも難易度が高いように思いました。

小学生になるとこどもちゃれんじではなく進研ゼミになるのですが、進研ゼミは教科書に沿った勉強に対して(進研ゼミに入会する時にはどこの小学校か登録します。だからその小学校で使っている教科書に沿った教材が届くそうです。)、ドラゼミは教科書には合わせていません。
どちらかというと、コラショは学校の予習復習タイプで、ドラゼミは全てが先取りタイプです。

ここも「復習に重点を置くか、先取りタイプか」という親の教育方針によって選択が変わるところだと思います。
私は個人的に先取り学習がいいと思っているので、ドラゼミの方がいいな、と思いました。

ただ、ドラゼミはやはり反復が少ないな~と感じます。
先取りすることも大事ですが、きちんと頭に入れるには何度も書かせる、何度も解かせるということは大事だと思うので、そういう点ではドラゼミのほかにそれをまかなうためのドリルのようなものが必要にはなってきます。

学校で全くやってないことを家でやらせるので、長女は「ドラゼミは難しい」と言います。
が、だから逆に学校の勉強は簡単なようで、テストで100点ばかりを取ってるみたいで学校のテストや勉強に対してはマイナスイメージはないみたいです。
長女も、学校のテストで100点が取れるのはドラゼミをやっているおかげ、という気持ちがあるので最初は難しいと感じても頑張って取り組んでいます。

でも、周りはやっぱり進研ゼミをやっている子が多いみたいで、
「○○ちゃんも、○○ちゃんもコラショなんだよ~。私もコラショにすればよかったな~。」
なんてことを言ったりもしますヨ。

結構ドラゼミと進研ゼミどちらにするか迷われる方が多いみたいですよね~。
私も年長の時はそうでしたし。

でも、どちらを選ぶかは子供がどちらをやりたいかという気持ちと親の教育方針によって変わってくると思います。
だから、決める前にどちらも資料請求することはすごく大事だと思いますヨ。
サンプルの教材やついてくる親向けの資料や説明は熟読して決めるべきだと思います。

ドラゼミについては、まだまだ書きたいことがいっぱいあるので、続きはまた書きます~^^

資料請求はこちらから出来ます。

無料サンプルプレゼント中! 小学館【ドラゼミ】
2010年度、2011年度とわかれているのは、2011年度からドラゼミが変わるためです。(今までテキストは4カ月分まとめて届いたのですが、これが1カ月に1回に変わります。)2010年度の資料請求ではドラえもんの世界地図ポスターがもらえます!
2011年度は新1年生のみですが、こちらの資料請求ではひらがな・カタカナ・漢字ポスターがもらえます~!
468×60(20100706)imp

進研ゼミ小学講座 1週間分の教材プレゼント
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
-
#14  2010-11-24 19:22
管理人の承認後に表示されます
次女の家庭学習教材 ポピーかドラゼミかで迷い中
年子姉妹とたのしむ育児 #15  2010-11-24 19:23
わが家の長女(小1)は、半年程前から家庭学習教材としてポピーをとっています。 前に別ブログにポピーのお試し教材を取り寄せてみた話を書いたことがあるのですが、その内容が良かったこと、余分なふろくがなく値段が良心的なこと、そして私自身が小学生の時にポピーを
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。