おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 雑感 > パパのおうちってどこ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパのおうちってどこ?

我が家の娘たちはなかなかパパに会えません。
平日は朝7時前に家を出て、帰宅は23時近いうちのパパ。
朝は早い時には6時半前に家を出ることもよくあるので、学校がある日でも長女でさえ毎朝パパに会うことは出来ません。
夜は遅くても21時台には子供たちは寝てしまうので、パパは子供たちの寝顔を見るだけです。

やっと会える土日でさえ、ゴルフだの草野球にだのがあっていないことも多々。
子供たちがお風呂に入る頃に打ちっぱなしに出かけてしまうことも多いし、野球も高校時代の友達とやっているので、試合終わり飲みに行ってしまうこともたまにはあるし、土日パパと会ったのは数時間、なんてことも・・・。

そんなんで、次女がパパは平日家に帰ってきていないと思っていることは会話の端で薄々感づいてはいたものの・・・。

いつかの土曜、子供たちと私でお風呂に入っている時に、パパが打ちっぱなしに出かけるのでちょこっとお風呂をのぞいて「行ってきます」と出かけたんです。

そしたら。
次女がひとこと。
「パパ、もうおうちに帰るの?パパのおうちってどこなんだろうね~。」
って。

どうやら次女は、パパは一緒に住んでいるのではなく土日になると遊びに来ている存在だと思っていたようなんです。

過ごす時間がママよりパパの方が短くなってしまいがちなのはしょうがないことだと思うんです。
特に私は専業主婦なので、それはどうしようもありません。

でも、次女がそう思ったのは、過ごす時間が短いだけだからではないんじゃないか・・・って私は思っています。
時間だけでなく、育児への関わり方も薄すぎることが原因じゃないかな~、って。

2人、確かに日にちに限っていえば、誕生日は近いのですが、いまだに子供2人の誕生日をしっかり覚えていない、とか。
テレビが優先で、子供たちが「パパ遊ぼうよ~」と言っても適当にあしらったり、「今忙しい」(どこが?!?!)と返事してたりする、とか。
野球から早く帰ってきても、結局夕ご飯の時間ぐらいまで寝てる、とか。
どこかに連れて行ってくれても、その出先で子供たちと遊ぼうとしない、とか。
気に入らないことがあると、すぐ顔に出る、とか。
土日もお風呂にめったに入らない、とか。
近所の公園に連れていってくれるものの、帰ってきた長女に「パパと遊んだの?」って聞くと「ううん、全然」ってことが多い、とか。
ちょっとしたことですぐ怒鳴ったり怒ったりする、とか。

あぁ、言い出したらきりがない。(笑)

長女はもう6歳なので、夫だってパパになってもう6年。
だけれど、夫を見ているとやっぱりまだ子供たちのことよりも自分が優先な気がします。

先日もディズニーランドに行ってきたのですが、夫はあまり楽しそうではなかったんです。
そこで、帰りの車内で子供たちが寝てから話しかけてみました。
「あんまり楽しそうじゃなかったよね?」って。

そしたら、
「もう40近いから、ディズニーランドとか楽しめる年じゃないんだよね。今度からお前と子供だけで行ってくれば?」
と・・・。

私はディズニーランドが好きでショーやパレードも思い切り楽しんじゃうタイプなのですが^^;、でも、それ以上にその横で目をキラキラさせてくるくる表情が変わる子供を見ているのが1番楽しい!
その子供たちの顔を見れるのが1番楽しいし、幸せ。
ディズニーランドに来てよかったな~って思ったし、また連れていってあげたい!って思っていたので、その違いに唖然・・・。

ただ、ランド内でも何か乗り物に乗る時って2-2でわかれなきゃ乗れないものが多いんですよね。
そのたびに子供たちがどっちがママと乗るかで毎回もめて・・・。
2人とも「ママがいい~!!」と譲らない、なんてことが毎回で、「順番!」と言っても特に次女は聞いてくれなかったりして。
そんな出来事が拍車をかけてしまったのかもしれないけれど。
あまりにも、な回答だったので、なんだか憂鬱な気分がいまだに続いています。

一緒に過ごす時間が少ない、一緒に遊んでくれない→パパがあまり好きではない、
という図式が、夫にとっては、
子供たちが自分のことを好きではない→子供たちよりも自分の趣味を優先、
という図式に変わってしまっている、という悪循環。

子供たちは2人ともママっこで、パパとお風呂に一緒に入りたがらない、パパと2人で出かけたがらない、抱っこや手をつなぐのもママばかり。
でも、そうなってしまったのは、小さい頃からの子供との関わり方があまりにも希薄だったせい、だと私は思うのですが、夫から見れば「2人とも母乳で育てたせいで自分になつかなかったからこうなった」とか自分のせいだとは思ってないんですよね。

長女の時にもあまりベビーカーを押したことがなかったけれど、次女は1度もベビーカーを押したことがない、って言ってたくらい、育児に関わりが少ないんです・・・。
「子供たちにどういう風に育ってほしい?」なんて話しをしても、「え、別に・・・」みたいな答えが返ってきますしね^^;

そんなんで、正直私からしても、パパがいる土日よりもいない方が時間がうまく回る、という感じがしてしまって。

もちろん、常にそうではなくてちゃんと子供たちと遊んでくれたりする時だってあります。
が、私や子供たちから見ればそうでない時の方が多いように思えるんですよね。

私は子供たちにとって決してやさしい母親ではないと思います。
怒ったりもするし、怖い顔だってするし、泣くまでしかりつけることもあります。

でも、それでも子供たちは
「ママは優しくてパパは怖い」と言います。

子供たちの前ではあまりパパのことは悪く言わないように気をつけているつもりではあるし、今こうしてご飯を食べたり生活出来てこの家があるのはパパが働いているからだ、ということも伝えています。
長女は家族で1番偉いのはパパだ、と言っています。

が、それでも・・・。
私がいくら言っても、夫の子供たちへの態度が1番子供の気持ちに影響するんでしょうね。

なんか。
夫と子供の関係が本当にいい方向には向いてなくって・・・。
ちょっとまいり中。
そして、やっぱり母として妻として。
子供とうまくいっていないパパはあまり魅力を感じないんですよね。

この週末、私が夜出かける用事があるので子供たちをお願いしたのですが、夫も不安らしく結局夫の実家に行くそうです。
出来れば、パパと子供の時間を作ってほしかったんだけれどな。
実家に行けば、きっと子供たちは義父母と遊んで夫は寝てるんだろうな~と、いつも義実家に帰ると夫は寝ているので・・・。

なんか、夫への愚痴のみ!ですね^^;
でもついついたまっちゃって。
ごめんなさい。
スポンサーサイト

Comments

post
2010-08-06 23:23 
のの #644
これはたまっちゃいますね。
多趣味のパパさんだと付き合いも多いですよね。
うちは、そういう趣味はないのですが、やはり
お母さんっ子です。
まだ娘がどうなるかわからないけど接触度合いが違うから
お母さん子になるかな。
お休みの時にこっちが「え~」ってなるくらい
「パパ~」なんて言ってくれるのが理想ですよね。
ディズニーは、うちもテンションひくいですよ~
夢の国にあるまじき態度の夫です。
こにゃんさん、愚痴もいいと思いますよ~
すっきりして楽しい週末を!
2010-08-10 01:22 
ののさんへ

ののさんこんばんは~!
コメントありがとうございます^^

自分の好きなことがあるというのはいいことなのですが、度が過ぎるとちょっと・・・という感じです^^;

ののさんの旦那様も「夢の国にあるまじき・・・」ですか!
本当に困っちゃいますよね~。
もうちょっと、ほら!って思っちゃいますもん^^;

ママっ子もありがたいのですが、パパと遊んでいる女の子ってかわいいな~と思いますよね。
特に大きくなってからもパパと仲良しな友達とかがいるので、とてもうらやましいな~と思います。

どこかで・・・。和解してくれるかな^^;

愚痴を聞いて頂いて本当にごめんなさい~。
でもこうしてブログに書いて少し落ち着きました^^
ありがとうございますっ!
2010-08-10 15:37 
kuni #646
こにゃんさんはじめまして。

私も一児の母です。

こにゃんさんの「夫を見ているとやっぱりまだ子供たちのことよりも自分が優先な気がします。」

この言葉、まさに私も同じこと思っていました。
私自身、1人目の子で子育てに力が入っているとは思うんですが夫との考え方の違いに、どうして!?と思ってしまいます。

なんだか、普段思っていることをこにゃんさんが代弁してくれたようで・・・わたしだけじゃないんだと思うと少し気が楽になりましたよ。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょうね!!



2010-08-18 23:43 
kuniさんはじめまして。
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません!

私も、kuniさんのコメントを読んで「私だけじゃないんだ」と励まされました^^
ありがとうございます!

男と女って違うんだな~ってつくづく思いますよね。
うちも2人目なのに・・・って感じです^^;

ホント、お互い頑張りましょうね!!
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。