おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 育児の悩み > 個人面談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人面談

今日長女の小学校で個人面談がありました。

幼稚園では個人面談がなかったので、母になって初の個人面談。
なぜか昨日からソワソワしてちょっと緊張してたのですが^^;

先生がおっしゃるには、お友達も多くみんなで楽しそうにやっている、授業中も発言するし、勉強も出来ているので何の問題もありません、とのことでした。
多少お調子者というか、誰かが騒ぐと一緒に騒いでしまうタイプなのですが^^;、まぁ問題ないとおっしゃっていただけてホッとしました。

が。
私的にちょっと考えさせられることが・・・。

1学期を振り返る形で、長女がチェックした自己診断表を見せてもらいました。
どんなものかというと、

・早寝・早起きが出来た

などと質問が書いてあって、「よく出来た、普通、もう少し」のいづれかにチェックをつけるものです。

それの、長女の自己診断が低いな~と感じたんです。
よく出来たにチェックがついているものもあったのですが、普通やもう少しがちょっと多いんじゃないかな…と感じました。
先生も
「なんでここはもう少しなんだろう?そんな気になりませんけどね~」
とおっしゃっていました。

が。
思いっきり私には心当たりがあったんです。
それは、私が常日頃注意していることが、「もう少し」にチェックされていたこと。

たとえば、「早寝・早起きが出来た」は「もう少し」にチェックしてありました。
これは、私が言ってることそのものなんですよね。

といっても、長女はだいたい8時~9時の間には寝ているので決して遅くはないと思います。
ただ、朝は目覚まし時計をかけずに自力で起きるか、私が起こすかしています。

それは、うちは今4人川の字で寝てるんです。
長女が目覚ましをかけてしまうと、次女も起きてしまうのでかわいそうかな~と思って。
それに、変な時間に次女が昼寝をしてしまうことがあって、夜寝れなくて起きていることもあるんですよね。
長女と同じ時間、または長女よりも遅い時間に寝る次女が、長女と同じ睡眠時間で足りるわけはないので・・・。

学校でも結構体力つかってるんだと思います。
8時に寝ても、6時半に起きれないことが多いです。
10時間以上寝てるので睡眠は足りていると思うのでしょうが、疲れがあるのでしょうね。
私が起こせばパッとすぐ起きるので問題はないのですが、そのことについて私は長女に
「ちゃんと早く寝ないから朝ママに起こされるんだよ。もっと早く寝れば自然と早く起きれるんだよ。」
と言ってしまっています。
私がそう長女に言ってしまっているせいで、長女の中で「私は早寝・早起きが出来ていない」と思ってしまってるのでしょう。

他にも「字を丁寧に書ける」にも「もう少し」がついていました。
これも、普段私が「もっとゆっくりでいいから丁寧に書きなさい」と言っているせいだと思います。

こんな風に、私が長女に注意していることがほとんど「もう少し」にチェックがついていました。

それを見て、ちょっと心が痛みました。
長女のためと思って注意していることが、こんな風に自分に自信が持てないことにつながっているのかな~って思えてきちゃって。

私、言いすぎなのかな、と反省。
「ほめて育てることが、その子の自信につながる」ってよく聞くのですが、自分に自信のある子に育てるってそんな簡単じゃないんだな~って思いました。

長女が出来たことはほめてきたし、たっぷり愛情もかけて育てたと思ってきたけれど、もっとやれたんじゃないか・・・と今すごく思っています。
特に次女が産まれてからは、どうしても長女が2の次になることもあったりして、きちんと向き合えてなかったと思います。
ついつい、出来ないことばかりを言ってしまったり・・・。

その「ついつい」が、気付かぬうちに長女から自信を奪っていたのかもしれないな~って。

子供と一緒にいると、「母って愛されているんだな」ってすごく感じます。
子供にとって、母っていう存在は大きいんだな、って。

だから、その母である私から発せられる言葉は私が思っている以上に子供たちに響くものなんですね。
今更ながら、本当に痛感しました。

特に長女はこれからどんどん精神面が成長していく時です。
その時期にどのような言葉をかけてあげるか、それはとても大きなことになってくると思います。
言い方1つでいいようにも悪いようにも捉えられてしまうことが大人にはありますが、それは親子間でも気をつけないといけないことなんですよね。

それが気付けただけでも、本当によかったです。
まだ間に合うはずなので、注意するときほどどう長女に話したらいいか、もっとちゃんと考えてみたいと思います。

スポンサーサイト

Comments

post
2010-07-09 22:24  のの
#642
この記事は、私も心当たりがあるものです。
ほとんどのお母さん達はあるかなぁ。
そうですよね、自信をなくしちゃったりしますよね。
子供のためを思ってるんだけど、傷つけてしまうのは
ダメだし…
私も2人目が生まれてから、上の子を二の次にする
ことが多く、上の子から愛情確認されたりで心が痛みます。
私も考え直させる機会を作っていただけてよかったです。
育児は自分も成長しなくちゃですね。
2010-07-14 07:57 
ののさんおはようございます~^^
コメントありがとうございます!

本当に難しいですよね。
しっかり注意しなきゃいけないことは注意したいと思いつつ、その注意の仕方次第では子供の自信を失わせてしまう可能性があるって・・・。

何気なく言ってしまう一言が相手を傷つけることは大人同士でも多々あることですが、子供は大人より敏感ですしね。
大好きなママから言われる言葉には特に敏感なんだとすごく痛感しました。

本当に育児は育自ですよね~。
子供が産まれたことで、自分の未熟さをひしひしを考えさせられる機会が多々あります。多々^^;
お互い頑張りましょうね!
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。