おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 育児の悩み > 悲しいことなんて大嫌い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいことなんて大嫌い

enikki.jpg

今年に入ってから、おねえちゃんが絵日記を書いています。
ちょっと、落ち込んだ話なので以下長文になります。
ごめんなさい。
それまでもふとした時にノートに絵日記のようなものを書いていたので、もうすぐ小学生になるし日記を書く習慣があったらいいな~と思って絵日記ノートを買ってあげました。

たま~に、
「今日は書かない」
って言う時もありますが、ほぼ9割以上続けています。

絵も文もかなりワンパターンで^^;、でも内容にあまり口出しはしたくないので見守っていました。

が。
先日金曜のバレンタインのこと。
昨年も渡した1番大好きな男の子が、幼稚園で熱が出て早退してしまったんです。
お帰りの時に、大好きな男の子に渡せなかった長女はがっかり。
帰り道でも、
「○○くんに渡せなくてさみしかった・・・」
と落ち込んでいたんです。

その日も絵日記を書いたのですが、その内容を見てたら
「きょうはチョコをあげました。とってもたのしかったです。」
というような内容。

私、すごく違和感があったんですよね。
とても楽しくなかったはず。
だって、1番大好きな男の子にあげれなかったんだから。

そこで、つい口出ししてしまったんです。

「ねぇ、今日本当に楽しかったの?」
って。

そしたら、
「・・・。楽しくなかった。」
って返事が。

だから、
「じゃあ、そのことをちゃんと書いたら?」
と言ったんです。
そこで帰ってきたことが、今日のタイトル。
「だって、悲しいことなんて大嫌いなんだもん!
悲しいことを日記に書きたくない!!」
って。

なんか、私はその一言がすっごくショックで。
もちろん、嬉しいこと、楽しいことの方がいいに決まってる。
でも、悲しい気持ちだって、大事な感情の1つなのにそれをきちんと受け止められないんだ・・・、って。

「悲しいのに、楽しいって書いたら、日記にウソを書いていることになっちゃんじゃない?」
「お天気だって、晴れの日もあれば雨の日だって雪の日だってあるでしょ?毎日楽しいことばかりじゃないことは当たり前のことなんだよ」
とつい説教してしまって。

で、書いた日記の内容が、
「チョコをあげてたのしかったです。でも○○くんにわたせなくてさみしかったです」
と書かれていました。

でも・・・。
逆にその日記を読んですごく自己嫌悪を感じてしまって。
結局、その日の日記は、長女の素直な気持ちじゃなくて私が書かせてしまった日記になってしまったな・・・って。

帰ってきた夫に全て話しました。
そしたら、夫は、
「悲しいことを書きたくないって、いいことなんじゃないの?すごく素敵な考えだと思うけどな~」
と。
そういう見方もあるんだ、とすごくビックリしました。

私は悲しいことを書きたくないのはよくないことだと思っていたのに、そうじゃないんだ・・・って。
まさに、自分が見えなかった他面が見えたような感じでした。

夫は、毎日続けて書いているだけですごいんだから日記の内容に口出しせず好きなように書かせてあげればいいじゃない、と。
まだまだ年長さんなんだからって。

そうなんですよね。
私、ついつい高望みしてしまうというか、自分の理想像をつい長女には押し付けてしまっているような気がします。
いっつも。

長女の母親になって6年たったけれど、今までちゃんと育ててきているのか自信がないし、いい母親だなんて思ったこともなくて、いっつもいっつも自己嫌悪、反省の日々。
もっとああした方がよかったんじゃないか、こう言ってあげればよかった・・・ばかり。

素直でいい子に育ってほしい、と思っている反面、どうしてあれも出来ないんだろう、これも出来ないんだろう、
もっともっとこんなこともさせたい、って押し付けてばかりもいます。

そんな夫が、長女のことをちゃんと育っている、と言ってくれました。
落ち込んでいる私に向かって、長女のいいところを沢山あげてくれて。
いい子に育っているから、お前は全然悪い母親じゃない、と言ってくれて。

なんだか、肩の力が抜けたような気がしました。

長女が小さい頃は、「これはしちゃダメ。これはしていい」とダメといいの判断がすごく簡単でした。
危ないからそれはだめなんだよ。
周りの人の迷惑になるからだめなんだよ。
と。

が、最近注意する私も「それがなんでだめなのか」うまく説明出来ないことが増えてきました。
今回のこともそうだし。
そして、注意しつつも、それがダメなのかどうかさえ私自身がわかってないことも増えてきました。
それは注意するべきところなのか。
ここは、見守った方がいいところなのか。
その区別が難しくなってきています。
はたして、どれが正解なのか。そもそも、正解なんてあるのか・・・、って。

それは、長女の精神的な成長の証拠なんですよね。
そして、これからどんどん大きくなるにつれて、今よりももっと難しくなるはず。

長女は私とは別の人格で、長女が私と違う考えを持ったことも、きちんと認めてあげなくちゃいけないんですよね。
誰かが私の考えを「正しい」「ダメ」と決め付けられないように、
長女の考え方だって、誰にも「正しい」「ダメ」とは言えないんですよね、たとえ親であっても。

頭ではわかっていたんだけれど・・・。
だんだんそういう時期に来たんだな~って実感させられた日でした。

今まで、あまり夫にこういう話って出来なかったんですよね。
まともな返事が返ってきたことがない、というか^^;
もともと育児に協力的ではなかったし・・・。

でも、今回のことで、夫は私が思っていた以上に子供たち、私のことを見てわかってくれていたんだな、と思いました。
だから、またこういうことがあっても、きっと夫婦で乗り越えられるはず。
こうして、夫婦として、家族としても成長していくのかな。




スポンサーサイト

Comments

post
2010-02-28 22:10 
のの #617
これは深い話ですね。
私も私の価値観をおしつけてしまってるって
反省する日々です。
母親も悩んですすんでいくんですよね。
こにゃんさん、とってもいいお母さんだと私も思います!
2010-03-09 23:20 
ののさんへ

ののさんこんばんは~!
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい!

本当、難しいですね。
子供って、私とは別の人格ってことは頭ではわかっているんだけれど・・・。
どうしても、自分の思う通りにさせてしまって・・・。

子育て=親育てですね。
反省しながらお互い前に進んでいきましょうね!
2010-03-31 17:13  今頃コメントしてごめんなさい
スウ #621 [Edit]
こにゃんさん、こんにちは~
ひまちゃんとこからやって来ました
今頃コメントつけちゃったら
ご迷惑かな・・?と、思いつつ
うちの娘が言ったことを
思い出しちゃって、
すごくいい子で反抗期もないような娘が
(私はそう思ってたんですね)
ある時、「ママの言うことは全部正しい!だから私は
何にも言えない」って泣いたことがあって
もうめっちゃ落ち込みましたよ
だってもう大人になってからでしたから
もっと早く気づいてあげたかったって(遅いんですけど)

だからこにゃんさんの娘さん
「悲しいことは書きたくない」ってちゃんと言えて
こにゃんさんがちゃんと理解してあげて
よかったなーーーってv-22

なんだか泣いちゃいました

親としての年齢って
子供とおんなじですもんね
一緒に成長するって素敵です
これからも頑張ってくださいね
応援してます!v-238

2010-04-14 21:43 
スウさんこんばんは!
コメントありがとうございます^^

お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

全然迷惑ではありません~!
むしろめちゃ嬉しかったです^^ありがとうございます。

すごくいい子でも、逆にそんな悩みを抱えていたりもするんですね・・・。
うちは、どちらかというと言うことを聞かないタイプなのでものすごくてこずることも多々あるのですが、
気持ちを押さえこまれて大きくなってから言われてしまうのはそれはこちらは落ち込みますよね・・・。

でもどちらがいいとかじゃないんですよね、きっと。
本当に子育てって難しいですね~。

本当、親としてはまだまだです・・・。
これから私も親として成長していかなきゃいけませんね!
頑張ります~!ありがとうございます!
2010-06-03 09:01  私も今頃すいません。。。
まろん♪ #633
レシピブログからこちらへとんできました。

私には2歳の娘がいます。
まだたった2年しかママ期間はないんですが、
なんだかすごくこの日記が心に響いたのでコメントしました。
子育てってホント難しいです。
どれも正解だろうし、間違いってない気もします。

日記の習慣って素敵だなって思いました。
うちの娘もこれからだんだん成長していくんだなぁって思うと不安の方が大きいけど、だけど毎日娘の笑顔に元気づけられてがんばれる気がします。

素敵なパパなんですね!!
私もきっとこにゃんさんと同じことを言ってた気がします。
だけど、そこでパパさんがそういう素敵な意見を言ってくれると心がすっきりしますね。

なんだか朝からほのぼの素敵な気持ちになったので
コメントさせてもらいました。
なんだかとりとめない文章でごめんなさい。。。。
2010-06-06 01:25 
まろん♪さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます^^

2歳のお嬢様がいらっしゃるのですね~!
うちの下の子と同い年かな?

本当に子育てって難しいですよね。
どれが正解かなんてわからないし、その結果って数十年後にならないとわからないんですよね。
でも、その時に
「もっとああしてあげれば・・・」って思ったところでもう遅いですしね。

この子のため、この子のため、と親が必至になっていることが逆に子供にとってはものすごいプレッシャーになっていたりすることもあるし・・・。

私も日々迷いながらの子育てです^^;

でも、きっとみんなそうやって頑張ってるんですよね。

道で子供を連れたお母さんんとすれ違うたびに
「このお母さんも、同じように悩んだりしながら頑張ってるんだろうな~」と思うと、エネルギーをもらえます。
だからこうして、コメントをいただくと私自身も「私も頑張ろう」って思えるんです。
だからとてもうれしかったです。

日記は、書けるようになったらぜひお勧めですよ^^
読んでいるこっちも面白いです。
「あぁ、1か月前のこの日はこんなことがあったな~」とか。
字の書き方も、この時期は1カ月ですごく変わるので、成長を目に見えて感じられますヨ。

お互い、頑張っていきましょうね^^
ありがとうございます。



Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。