おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 私の母乳育児 > 卒乳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒乳

あっというまに1歳4か月です。
まさに1歳4か月になってすぐ、大きな成長がありました!!

なんと!

卒乳してしまったのです!!

全く予期していなかったので、ビックリ!だし、さみしい・・・。
最後の授乳は、おねえちゃんの幼稚園のお友達のお家でご飯を食べている最中に「ぱいぱい!」とひざの上に横になったのであげたこと。
あれが最後だったなんて・・・。
あの時は、これが最後になるなんて思いもしなかったから、全然どんな顔をして飲んでいるかなんて見てなかった・・・。
もう、後悔してもしょうがないのだけれど・・・。

1歳前から、おっぱいを欲しがるのは昼寝と夜寝るときぐらいだったんです。
寝てから2、3度は起きるのですが、その時もおっぱいをあげなくて添い寝をしているだけでまた寝付いてくれたので、1日2、3回程度で済んでいました。

が。
今週に入って、寝るとき以外でも1、2度は「ぱいぱい!」と欲しがるようになってきたので
「やっぱりまだおっぱい飲みたいんだなぁ。」
と思っていた矢先の卒乳でした・・・。
逆にあれは、娘なりの卒乳直前のお別れだったのかな・・・。

その日の夜。
いつも寝るときは、チビに添え乳でおっぱいをあげながらおねえちゃんに本を読んでいます。
そのリズムを知っているので、ベットに横になった瞬間から
「パイパイ!パイパイ!」
とおっぱいをもらえるまで言い続けるのですが、その日に限っては、「パイパイ!」と言わずに一緒におねえちゃんに読む本を聞き出したんです。
そっかー、ちびも絵本に興味が出てきたか、ぐらいに思っていたのに。
絵本が読み終わって、ベットの電気を消してからも「パイパイ!」と欲しがらずにそのまま寝てしまいました。

といっても、実は今までも夜おっぱいを飲まないで寝てしまうことは数度あったんです。
が、やっぱり翌日の夜寝るときには欲しがったので今回もそのパターンかと思っていたのに。

次の日の昼寝も夜寝るときも、結局おっぱいは欲しがらずに。
今日で3日おっぱいを口にしていません。
あぁ、これがきっと卒乳なんだろうな・・・。

最近、いろいろ言葉を覚えてきて
「パイパイ!」
とおっぱいを飲みたがったり、服をめくりあげたりするようになって
「あぁ、母乳育児の楽しさがまた味わえる^^」
と思っていたのに。
しゃべらない赤ちゃんにあげるのもまた楽しいのですが、しゃべりだしてからもまた違った楽しさがあって、それこそしゃべれる母乳育児(なんのこっちゃですね^^;)が楽しみだったのに・・・。
長女は2歳まで飲んでいたのでそのくらいまではと思っていたのに、あっけなく母乳育児が終わってしまいました。

もしかしたら、またあげようと思えば飲んでくれるのかもしれません。
が。
この時期におっぱいとバイバイすると決めたのは娘。
その意思を尊重してあげるのが親の役目ですよね。
不思議なことに、1人目もそうだったのですが今回もおっぱいが張らないんですよね。
私の体的にもまさに卒乳のタイミングだったのでしょう。

もう99%母乳をあげることは、今後の人生においてないと思います。
だからこそ、私としてはもっと母乳育児を続けたい気持ちでいっぱいで、本当にさみしいのですが・・・。

今では、眠いときには
「ねんね!ぱいぱい!」
と言っていたのですが、今はもう眠いときにも「ぱいぱい!」と言わなくなりました。

そう、そうなんだよね。
本当に卒乳したんだよね。
娘が生まれて、初めておっぱいをあげたときに
「また母乳育児ができる!」と嬉しさでいっぱいになった気持ちは今でも思い出せるのにな。
卒乳って、親が初めて「子供の成長=子供が離れていくこと」と感じさせられる1番最初の区切りなのかもしれませんね。


やっぱり、今年の夏に梅酒作っておけばよかった^^;
今年は卒乳ないだろうと思って作らなったんです。
それも後悔^^;なんてね。
約2年ぶりにお酒が飲めることが楽しみだったりもしてるのも正直なところですが^^;


スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。