おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト おねえちゃんの話 > 母の日の制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日の制作

haha.jpg


先週の土曜に、母の日のイベントとして幼稚園に参観に行きました。

土曜でパパが会社が休みだったために、チビを預けておねえちゃんと2人で幼稚園へ。
チビを抱っこせずに幼稚園に行くなんて初めて!!
あまりの身軽さに、ものすごい違和感を覚えました^^;

おねえちゃんと一緒に手遊びしたり、みんなでフルーツバスケットをやったり、歌を歌ってくれたり・・・。

うちのおねえちゃんは活発すぎるぐらい活発で、友達に引きづられてしまうタイプなので、クラスでふざけている子がいたら一緒になってふざけているんだろうなぁ、なんて思っていたら。
意外や意外、きちんと歌を歌ったりしていてビックリ。
子供だと思っているのは親だけで、思っている以上にしっかりしているんだなぁ、なんて感動しました。

前日に、
「ママの顔、変になっちゃったんだよね。」
なんて告白されていたのですが^^;、全然変じゃないじゃーん!
ハートも書いてくれて、ニコニコ笑顔でとーーーっても嬉しかったです^^
人知れず、涙ぐんでしまいました。

こうして、おねえちゃんと2人で向き合ったのは正直本当に久しぶり。
「ママと2人きりになれて嬉しい」
とおねえちゃんにも言われてしまいました。

よく、2人目が産まれると、
「下の子よりも、上の子中心で上の子と過ごす時間を優先して」
なんていわれるけれど、実際なかなか難しいものです。

産まれてすぐ、実母に下を見てもらっておねえちゃんと2人で公園に行ったことはありますが、気が気ではなかったし、チビも成長するにつれてママじゃなきゃだめになってきて・・・。
チビが昼寝をすれば、静かに遊ぶしかなかったし、外出も出来ないし。
おねえちゃんとチビと私と常に3人で、お姉ちゃんと2人きり、なんてめったにありませんでした。

チビにも我慢させていることもあるけれど、やはりお姉ちゃんに我慢させていることは多いだろうな、と思っています。
チビがもう少し大きくなるまでは・・・、なんだけれど。
ごめんね、お姉ちゃん。

こうして、母の日、ということで私にとってみればお姉ちゃんとの時間をとることが出来て本当にありがたかったです。
いろいろプレゼントをもらった1日でした。
チビを見てくれたパパにも感謝!




スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。