おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 私の母乳育児 > 桶谷式へ行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桶谷式へ行く

お正月に乳腺炎になって、初めて桶谷式の母乳外来へ行きました。

1人目のときの妊娠中に知った「桶谷式」という母乳育児。

私は、妙にこの桶谷式に納得してネットで調べて桶谷式を自分なりに取り入れていました。

1人目のときには、結局桶谷式の母乳外来に通うことなく母乳育児を終えました。
1度おっぱいが詰まってしこりが出来たときに、「これは桶谷に行ってマッサージしてもらうしかない!」
と思い電話をしたものの、自分でつまりをとることが出来て、結局行かなかったんです。


が!
今年のお正月、おっぱいが詰まったときはなかなか自分でつまりを見つけられずにとることも出来ず!
熱が出てフラフラ、おっぱいはしこりが出来て痛いし(腕をあげるのにも痛いんです!)、もう耐え切れない!と思いお正月にやっている桶谷を探して駆け込みました。

お友達が桶谷に定期的に通っているので、少しは桶谷の母乳外来の話を聞いていたのですが、とにかく痛くない、とのこと。
あと、
「母乳が飛び散るほど出る」
と聞いていました^^

通常、桶谷は予約でしか受けていません。
が、乳腺炎っぽいとのことで、予約の人が終わってから夜の6時過ぎぐらいに来て、と電話した当日に診てもらうことが出来ました。

お正月でパパもいたので、おねえちゃんはパパとお留守番をしてもらい、熱があってフラフラな中、チビをスリングに入れて電車に乗ってフラフラながらも桶谷に駆け込みました。

そのお友達の通っている桶谷とは別のところに行ったのですが、

マンションの1室にあってわかりづらい(怪しい)

という見た目は一緒でした^^;
桶谷ってそういうものなのかな??

受付をすると、部屋が2つあり、1つは待合室でプレイルームになっていました。
おもちゃや絵本が置いてあって、チビを転がしてもおけるし、上の子連れでも退屈しないようになっていました。

もう1つの部屋はカーテンで仕切られていて、マッサージをしてくれる部屋でした。

初の桶谷にドキドキしながらも、名前が呼ばれてマッサージをしてもらいました。

助産士の先生1人と助手の人が2人。
助産士の先生が、1人でマッサージをしてくれます。

最初は、チビはベビーベットに転がしていたのですが、途中で泣いたら助手の人がずっと抱っこをしてくれていました。感謝!

乳腺炎手前だったので、さすがに痛くない、といわれるマッサージでも痛かったのですがものすごいピューピュー飛ぶよう母乳が出るのにはビックリ!!
母乳がいきおいよく飛ぶので、寝ている自分の顔にも降ってくるし^^;、マッサージをしてくれている先生の顔にもかかるので、先生はしょちゅう顔を拭きながらもマッサージをしてくれました。

終わって時計を見ると、30分以上マッサージをしてもらっていました。

ただ、だいぶ楽になったもののしこりは取りきれませんでした。
1回のマッサージでは劇的によくはならないのかな?
明日様子を見て、つらいようならまた来て、と言われました。
それと、里芋粉をもらって湿布するように言われました。

マッサージの間に言われたことは、

・しばらくは、食事はご飯と具だくさんのお味噌汁にすること
・里芋湿布をして、しこりをゆるやかに冷やすこと
・夜中の授乳は添え乳ではなく、きちんと起きて飲ませること
・授乳中は、おもちや乳製品は食べてはいけない

5ヶ月になってから、夜中の授乳の回数が増えて、1時間間があくかあかないかくらいなのです。
寝ながらあげているので、そうつらくもないのですがそれも詰まった原因ではないか、というのが先生の見解でした。

寝ながら飲む⇒しっかり吸わないままお互い寝てしまう⇒長く寝れない⇒頻回授乳だけれど飲む量は少ない⇒詰まる
ということみたい。

でもねぇ。
やっぱり、添え乳をやめることが出来ませんでした。
夜中起きてあげることは私にはキツいです^^;

で、お友達も同じことを桶谷で言われて夜中ちゃんと起きて授乳しているそうですが、2~3時間しっかり寝るようになった、と言っていました。

どっちをとるか、といわれれば、私は夜中頻繁に起こされても添え乳の楽さをとります^^;

なので、食事だけ気をつけるようにしていますが、この日以来乳腺炎にはなっていません。
食事が1番なのかな??

で、このときのつまりなのですが、マッサージ当日はしこりも残って痛かったのですが、翌日からじょじょに痛みがなくなっていき、いつの間にかしこりも消えていました。

結局、桶谷にもこの日以来行っていませんが、トラブルなしでなんとか過ごしています。


行ってみてどうだったか。
行ってよかったな、とは思います。
トラブルがないのが1番ですが、やっぱりそうなかなかスムーズにいかないのが母乳育児。
また、トラブルがあったら桶谷に行きたいと思います。
やっぱり、マッサージの腕はすごかったです!

だけれど、言われたことを全て実践できるか、というとう~ん・・・、と思ってしまうのも本音。
桶谷って、まぁいろいろなのですが、本当にすごいところはすごくて、赤ちゃんの湿疹も母乳のせい、髪の毛も母乳のせい、人見知りも母乳のせい、と全てが母乳のせいにされてしまってつらい思いをすることもあるようです。

それじゃ、本末転倒だと思うんですよね。
自分が?!と思うところは聞き流すぐらいの余裕を持って、出来そうなところだけを取り入れるというぐらいの軽い気持ちが1番じゃないかな、と思います。
だって、母乳育児は育児の1つの手段であって全てではないですから。


ちなみに、私の通ったところは初回のみ5000円、2回目以降は4000円でした。
保険がきかないので高いのですが、医療費控除の対象にはなります。



桶谷式母乳で育てる本





スポンサーサイト

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。