おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年間、とにかく楽しかった

先日、久々に高校時代の親友と会いました。

彼女にも1歳4ヶ月になる女の子がいて、しかもなんと2人目妊娠中!
聞けば7月に産まれる予定、とのことで私と予定日も10日違い!!

お互いの家が離れているし、お互いチビがいるのでそうしょっちゅうは会えないのだけれど、それでも1番の親友、といえば彼女のことを1番に思います。


前は会えば、お互いの彼の話やくだらないことを話して延々と時間が過ぎ去っていたのですが、今はやっぱり話すことといえば子供のことや育児のこと。

そんなとき、彼女がふとこんな話をしてくれました。

「お母さんがさぁ、

『20年間、あなたを育ててきて1日足りともいやな気持ちをしたことがなかった。本当に、本当に楽しませてもらった』

って言ってくれたんだよね。

たぶん、ホントはうんざりすることもあったんだろうと思うけれど、そうやって言ってくれてなんだか母親の大きさを感じたよ」


街中で歩きながら話していたのですが、ちょっと涙が出てきそうになってぐっとこらえました。

こうして子供と一緒にいると、言うことは聞かないわ、面倒なことだって意外と多いし^^;、イライラすることも想像以上に多かったりします。

「も~~!!キィ~~~~~!!」
って母親の私がなることもしょっちゅう。

だけれど、やっぱり育児というのは楽しいもの、楽しませてもらっているものだ、と改めて思いなおしました。


「イライラするよねー」
今はお友達とそんな会話が多いけれど^^;、いつか、私も娘に自然と
「あなたを育てて本当に楽しませてもらった!」
と言えるようになっているのかな?

そうなりたいな。
スポンサーサイト

スクラップブッキング

表紙


いつも、娘のお友達のお誕生会には、みんなでいくらかお金を出し合ってパーティーをしています。

そして、子供へのプレゼントの他にママへのサプライズプレゼントも用意していました。

それまでは、私が写真をMyBookでアルバムを作ってプレゼントしていたのですが。

娘の誕生日に、お友達がスクラップブックをプレゼントしてくれました。


開いた途端、出てくるたくさんの写真と、お友達が書いてくれた手書きのコメント、かわいいシールや折り紙で作った飾りにもう感動してこの年にして恥ずかしながら大泣きしてしまいました^^;

アルバム1



アルバム2



アルバム3


私が持ってない写真、私じゃ撮れない写真がたくさん。
お友達1人1人のコメントやページが書いてあってね。

最後には、それぞれのお友達が書いてくれた娘の似顔絵もありました^^

やっぱり手作りに勝るものはありませんね。
なんだか、自分が今までとても無機質だったように感じてしまいました。

パソコンがあることで、今まで出来なかったことが出来るようになり、そのおかげで時間短縮が出来た、とかいろいろメリットもたくさんあります。

だけれど、やっぱり手をかけたもの、というのは手をかけた以上のものが出来上がるんだなぁ・・・、と思いました。

私にとってだけじゃなく、娘にとってもパパにとっても、大切な宝物になりました。

それと、これを機会にスクラップブッキングにめちゃめちゃ興味がわいてきました。
ネットで調べてみると、いろいろなやり方やダウンロードアイテムなんかもあってとても素敵!!

全ての写真をこうしてスクラップブッキングすることは大変だけれど^^;、何かのイベント時の写真にはこういう形で残せたら大きくなってからも娘は喜ぶだろうなぁ、なんて思ったり。

みなさんも是非、スクラップブッキングを^^

夜泣き

そうなのかなぁ~・・・、と思っていたけれど認めたくなかった^^;

だけど、やっぱりそうみたい。

ここ1、2ヶ月どうも夜泣き復活!みたいなのです。

だいたい8~9時の間に寝付かせているのですが、週に2~3日は11~12時の間に大泣きして起きます。

最初は
「悪い夢でも見たんだねぇ」
なーんて思っていたのだったけれど・・・。

こんな頻度じゃ悪い夢見すぎだって!!^^;


ジタバタして
「やだ~!やだ~~!寝ない~~!!」
と言いつつ目は閉じてたりしてるんですけどね^^
そんな風に寝ながら泣いてます。
しばらくトントン背中をたたいてあげて、手をつないでぎゅっとしながら添い寝をすると寝てくれます。

15~20分ぐらいで収まるときもあり。
寝付いた・・・と思ってそっと抜け出すとまたしばらくしてまた泣いて起きて・・・の繰り返しであきらめてそのまま一緒に寝てしまうときもあり。

でも、不思議なことに寝付かせているときに私も一緒に朝まで寝てしまうときがあったりするのだけれど、そういう時は100%朝までぐっすり寝てくれるんですよね。

やっぱり、1人で寝るのはさみしいんだろうなぁ。

ママのおなかに赤ちゃんがいる、ということがまだうまく本人の中で納得できてないところもあるのかもしれませんね。

トイレトレも逆戻りだったのが、3歳になった途端に
「もう3歳だから布パン(ツ)なの!」
と、自ら布パンにしてくれてトイレも行ってくれるようになり。

「もう3歳だからおっきくなるんだー」
とご飯もしっかり食べてくれるようになり。

「3歳」という年齢が娘にとっては特別な年だったようで、お姉ちゃんぷりをアピールさせられて
「もうこんなに大きくなったのかぁ。どんどん手が離れていくのかなぁ」
と思っていた矢先の夜泣きだったので、逆に
「やっぱりまだ甘えん坊だわ」
と、母親心ながらにちょっぴり嬉しい気持ちもあったり^^;

3歳ぐらいで、夜泣きするのはよくあることらしいです。
私の夜泣きの対処法は
「夜泣きで悩まないこと!!」

もうママ3年やっていると、子供のちょっとしたことって結局いつの間にか終わってるんですよね。

「あぁ、あの頃はこんなことで悩んでたっけ?」
ってほどに。

まぁ、1つが終わるとまた別の悩みがきていたりするのだけれど^^;

「悩み」は「悩む」からこそ「悩み」になってしまうんですよね。
長い人生の目線で見れば、こんなチビっ子を育てる期間なんて本当にあっという間のこと。

以前、友達から
「人生のスピードは、その年齢の速度で走っている」
と教えてもらったことがあります。

1歳なら1km/h、2歳なら2km/h・・・。
今、28歳の私は毎日を28km/hで走っているのだけれど、3歳の娘は3km/h。

そう思うと、母親としては出来る限り自分の時間の流れを3km/hに近づけて物事を見ていかなくてはいけない、と思うのです。

こんな風に夜泣くことだって、長い目で見ればほんのわずかな期間のこと。
寝ていたばかりの子が歩けるようになったように。
必ず変わっていくもの。
いつか治ることだから、今のうちはたっぷり付き合ってあげたいと思います。

夜泣きで悩んでいるお母さん、一緒に頑張りましょうね^^

妊娠6ヶ月になりました

早いもので、もう妊娠6ヶ月目に入りました。

1人目と違うのは、おなかの出方!!
異常に早くって、5ヶ月頭から
「もう6ヶ月?7ヶ月?」
なんて聞かれるほどで、4ヶ月でもうすでにマタニティを着出していました。

サイトの方でマタニティウェアについて書いたページがあったので読み直してみたら、なんとマタニティを用意したのが6ヶ月過ぎと書いてある!!
自分のことなのに、衝撃的でした・・・。^^;
でも、そうだったよなぁ・・・。

もう今はどこからどう見ても妊婦姿で、すでにおなかが重いです・・・。(脂肪の重さかも。^^;)

あと、1人目と違うなぁと思うのが胎動。
「もうこんなに激しく動いたっけ?!」
と思うほど元気に動きます。
外から触ってもわかるほどで、今うちの娘は胎動を感じることがとても好きみたいで、常に
「赤ちゃん動いてる?」
っておなかに触ってきます。

ちょうど動いたりするともうこれ以上ないってくらいの笑顔を見せてくれます^^

妊娠した当時は、それでも
「赤ちゃんキライ!ヤダ!」
と言っていたほどで、ちょっぴり心配したことも。

でも、娘のお友達にも2人目が続々生まれ、赤ちゃんを見ているうちに楽しみになってきたみたいです。
お友達の赤ちゃんもうれしそうにじーっと見て
「赤ちゃん、かわいいね」
って言うようになりました。

こんなに動くから男の子かな?
そのうち、痛いほど蹴られるんだろうなぁ・・・。

体重は妊娠6ヶ月頭でプラス4.3kg。
でも、5ヶ月の検診のときよりも少しだけ減らせたー!
来週末検診なので、なんとかキープしたいところ。

きっと、来週の検診で性別がわかるはずなのだけれど・・・。
パパからは
「聞いちゃダメ!」
と言われてるけれど、やっぱり聞きたいっ!!
どうしよっかな?

Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。