おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

Home > 2006年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とびひ

娘の鼻の穴の脇が切れて傷になってしまった。

「鼻ほじりすぎだよー」
なんて笑っていたものの。

気づけば鼻の周りの傷が増えてきた。
あごにも。
耳にも。
頭皮にも。

・・・。なんだかおかしい。

引っかいて出来ちゃった傷なのかな?
それにしても、傷だらけだよね・・・。

周囲にも
「顔どうしたの?」
なんて言われて
「うーん、引っかいちゃってるのかなぁ」
なんて話していたら、その中のママ友達が娘の傷をよく見てくれて
「これ、多分とびひだよ」
と教えてくれた。

と、とびひ!?!?

聞いたことはあるけれど、どんなもんかいな、と思ってネットで調べたら・・・。

出てくる出てくる、いろいろな写真が。
ちょっと目をそむけたくなるような写真まで。

うちのと同じように鼻の穴下からとびひすることがかなり多いよう。
また脇の下のあせもからも多いみたいです。
教えてくれたママのチビちゃんは蚊にさされていたところを掻きむしってしまいそれがとびひになったし。

細菌による皮膚の感染症で、とびひになると幼稚園や保育園によっては医者の許可が出るまで休ませるところもあるらしい。
プールはもちろん厳禁。
お風呂もシャワーだけで済ませるのがベストのよう。

皮膚科では、「セフゾン」という抗生物質の飲み薬と、「テラ・コートリル軟膏」という塗り薬が処方されました。

これが効果てき面!!
皮膚科に行ったのは初めてだったけれど、周りの友達はみんな
「皮膚科の薬はとにかく効く!!」
と言っていたのがよくわかりました。

昼塗って夜にはちょっと落ち着いた・・・?と思うほど。
顔なので、早く治ってほしい、とせつに思います。
やっぱり、痛々しいです・・・。

そして今回思ったのは、無知は恐ろしいな、ということ。
もし、あの時友達が教えてくれなかったら、まだ病院に行ってないかもしれない。もっと症状がひどくなっていたかもしれない。

やっぱり、「?」と少しでも疑問を感じたら自分で勝手に判断せず病院に行かなければいけないな、と反省しました。
ごめんヨ。
そして友に感謝!!

スポンサーサイト
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。