おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレトレ 補助便座を変える

前回書いたような、トレパンでもらしまくりのだらだらとしたトイレトレを2歳ぐらいまで続けていました^^;

だけれど、2歳過ぎてからあるとき!

トイレに行きたがらなくなってしまったのです・・・。

それまでは、「トイレに行く?」
と言えば行ってくれて、トイレットペーパーやらで遊んでしまうこともあったけれど、ちゃんと便座に座ってくれました。

だけれど、もうそれ以降は「トイレに行く?」
と言っても
「やだ!!」
の1点張り!!

今から振り返れば2歳の「イヤイヤ期」の初期だったのだけれど、「トイレに行かない」ということが、私にはトイレトレが後退しているようでなんだかがっかりだったのです。

無理強いはしたくない。
だけれど、やっぱりトイレには行ってほしい。

さて、どうしたもんか、と思っていたのですが。

友達の家のトイレには行くんですよねー。
で、ふと思ったのが補助便座!!
これがね、みんなキャラクターものだったんです。
押せば音がなったりしたりして。

キャラクターものがいやで、ベビービョルンの補助便座にしたのですが、トイレに行くためにはやはりキャラクターの力にはかないません^^

ということで、補助便座を買い換えたのです!!


▼これ。アンパンマン 幼児用補助便座おしゃべり付き
アンパンマン 幼児用補助便座おしゃべり付き

アンパンマンのマーチが流れたり、「ちゃんとできるかな?」とアンパンマンがしゃべります。

そしてその効果は!!
抜群でした^^
このおかげでトイレ拒否から脱することが出来て、ちゃんとトイレに行ってくれるようになりました。

ちょうど2歳3ヶ月頃で夏も直前。
どうしても「夏までにはオムツをとりたい!!」という気持ちが強かったので、補助便座を買い換えたことだし、私自身ももうちょっとちゃんとトイレトレに取り組もう!と補助便座とともに心意気を新たにしたのです^^;

ということでまた続きは次回^^
スポンサーサイト

トイレトレーニング 1歳過ぎからのトイレトレ

もう1つのブログにオムツがはずれた、という内容の話を書いたら、どのようにトイレトレをしたのか教えてほしい、というような内容のメールを何通か頂いたのでこちらで少しずつ書いていこうかな、と思います。

いやー、久々の更新・・・。
もっと時間をうまく使わないとダメだなー・・・。
ごめんなさい。

長くなりそうな話なので、何個かに分けて書きたいと思います。

ちなみにうちの娘のトイレトレを始めた時期はなんと!!
1歳過ぎです!!

そして完了したのが2歳過ぎ!!

よく考えれば、1年ほどトイレトレにつぎ込んでいましたヨ。

というのも、私が異常に「早くオムツを取りたい!!」と思っていて、そのせいで早く始めすぎたんだと思います。
最初の目標は「1歳半までにとるぞ!!」でしたから。

今出来た後に振り返れば、それほどあせることでもないし、早くできたからといっておりこうでもなければ、1歳半で外れたからといってその後ずーっとちゃんとトイレで出来るとも限らない、ということがわかりました。

うちの娘よりも早く取れた周りの子でも、結局ダメになってまた紙おむつに戻っている子もいます。
その子のママは、
「早く取りすぎちゃったかな・・・」
と言っていました。

トイレでおしっこ、うんちをする、ということは誰だっていつかは出来るようになるのだから、親が変にプレッシャーに感じることもないし、子供に任せるのが1番だ、ということは声を大にして言いたいです。

では、私のトイレトレの方法なのですが、まず1歳過ぎてからどう始めたかというと、

・補助便座を買ってきてしょっちゅう座らせた
  ⇒もちろん全く成功せず・・・。

・トレーニングパンツを買って家の中ではかせていた
  ⇒もちろんおしっこもウンチも垂れ流し状態。手洗いが大変だった・・・。ただ紙おむつの節約にはなってたかな^^;

というレベルです。

そして、それがじゃあおむつをはずすのに必要だったか、と考えると必ずしも必要ではなかったような気もします。
1歳過ぎじゃまだ言葉もしゃべれないし、結局こちらが気づくまでトレパンは濡れたまま。教えてくれることもありませんでした。
実際に教えてくれるようになったのは2歳前。

もちろん個人差のあることですが、うちの娘には結局早すぎただけのことだったのです。
なので、私自身も「紙おむつの節約になるー」ぐらいに気軽に構えていました。
やっぱり1歳代でおむつを取るのは難しかったです。

きっと、子供それぞれ「おむつの取れる時期」というのは必ずあるんですよ。
そして、結局親が出来ることは「おむつをはずそう」とすることではなくその時期を見逃さずサポートするだけなんです、きっと。


ちなみに、私が買った補助便座はベビービョルンのトイレットトレーナーです。

ベビービョルン トイレットトレーナー (サンフラワー)

キャラクターものは避けたいなー、という私のわがままと、安全性に対しては高い評価のあるベビービョルン製、ということが決め手でした。

おまるは買いませんでした。
結局使わなくなるし、最初からトイレに座らせておけばそれでいいじゃないか、という気持ちから。
おまるは最終的には全く使わずにオムツを卒業できたので買わなくて大正解でした。

だけれど、結局この補助便座はおいおい買い換えることになるのですよー(T_T)

ということで次回に続く・・・
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。