おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっぱいバイバイ

昨日、今日と2日間。
娘が全くおっぱいを口にしていません。
とうとう来るべき時が来たようです。


2歳前から、もうおっぱいは寝るときだけになっていました。
飲むのも5分ほどで量もわずか。

昨日は、お昼寝を全くしなかったので試しに・・・と思って
「今日はおっぱい飲まないで寝てみようか?」
と決意してみました。
ほんの軽い気持ちでした。

娘には
「ママのおっぱいもう出なくなっちゃったの。ごめんね。」と。

最初は
「おっぱい飲むー!」
「ねんねしないー!」
とぐずってたのですが、突然
「おうた歌って」
といってぎゅっと私に抱きついてきました。

そしていろいろ歌を歌っている途中で目が閉じたり開いたり。
そんなことを繰り返している間に寝てしまったのです。

昼寝をするときには、おっぱいなくても寝てたのですが、夜寝るのにおっぱいなしは生まれて初めて。

生まれて初めて1日もおっぱいを口にすることなく、寝てしまったのです。

その寝顔を見てたら、なんだか自然と涙が流れてました。

今まで1日もおっぱいを離したことがなかったのに。
その成長へのうれしさ。
その成長へのかなしさ。

娘が生まれてすぐおっぱいをくわえさせたこと。
生まれてすぐなのに、ちゃんと吸ったあの感触。

なかなか軌道にのらなくって、1日中おっぱいをさらけ出してた日々。
おっぱいが詰まって乳腺炎手前までよくなったこと。

今思えば、とても母乳育児が楽だったように思えるのだけれど、やっぱり悩みながらの日々もありました。

自分自身の中にも「完全母乳を続けようかやめようか」と悩んだこともたくさんあったし、周りからのプレッシャーや心無い言葉をかけられたこともありました。

それでも、娘が言葉を話すようになってからは、本当に母乳育児が楽しくてしょうがなかったです。
「おっぱい飲むー!」とうれしそうに言う娘の顔や、
「おっぱいおいしい?」と聞くと
「すっごくおいしいー」と言う娘の顔。

もういろんなことが頭の中をぐるぐる回って、うれしいような、かなしいような、もう大泣きしてしまいました。

娘のため、と思って母乳育児を続けてきたのですが、1番母乳育児に頼ってたのは私自身だったのかもしれません。

今日も、歌を歌っている間に寝てしまいました。

あぁ、卒乳してしまったんだなぁ。

娘のおっぱいを飲む顔が本当に大好きで、授乳の時間が本当に大好きだったのでもうあの顔が見れないと思うと、もう授乳できないと思うと、やっぱりとてもさみしいです。

それを思うと、やっぱり今も涙ぐんでしまいます。

だけれど、娘の成長の証。
ちゃんと喜んであげるのが親、というものですね。


と思いつつ、実は心の中で「今週末は酒盛りだー!」と喜んでいる自分もいたりして^^;
思い起こせば、3年弱も禁酒してたのですから。

酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞー♪^^;
実はお酒、大好きなのです。

娘の成長とは、親にとっては9割のうれしさと1割のかなしさで出来ているのもかもしれません。
成長するかなしさ、なんて親になって初めて知ったことのように思います。
スポンサーサイト

しっかり者

私はうっかりしてることがホント多くって、忘れ物なしに出かけたことなんてほとんどないし、何かを言われても5秒たつと忘れてしまう。
夫をイライラさせる天才のよう^^;

ある日、娘とバスに乗って出かけたときにバスの運賃を入れる場所を間違えてしまって、ちょっと運転手さんの手をわずらわせてしまった。

そんな私を見ていたせいか。

帰りにバスに乗ろうとしたときに、娘から1言。
「ママ、まちがえないね」

ハイ。間違えないように気をつけます・・・。


また別の日。
最近ご飯にふりかけをかけて食べることが好きな娘。
そのときもふりかけをご飯にかけてあげて、ふりかけをご飯にしっかり混ぜる前にご飯を冷まそうと私がふーふーしてしまったので、ふりかけが吹っ飛んでテーブルの上がふりかけだらけに・・・。

あらあら、とあたふたしている私の横で
「まったくー」
といいながらお茶碗やらお皿を動かしてふきんでテーブルをふく娘の姿が・・・。


どうやら私、娘にとっては反面教師のようです^^;

しっかりした子に育つといいな・・・。^^;;

愛用している子供服 レモール

レモールのカタログ

お気に入りの子供服のブランドは?って聞かれたら「ジンボリー」って答えるんだけれど、愛用している子供服はレモールの通販なのです。

ジンボリーはネットオークションとかでよく購入しています。
とにかくデザインがかわいくって大好き!です。
だけれど、デザインがかわいい分「お出かけ用」となってしまい、とてもじゃないけれど砂遊びと水遊びが大好きで、泥んこまみれで遊ぶ娘の普段着としてはもったいなくって。

やっぱり普段公園で遊んだりするには、がんがん洗えて、値段も汚れてダメになっても心のダメージが少ないくらい手頃なものが^^;いいと思うんです。

なので、普段着はレモールの通販で買った服がほとんどです。

ホントに値段が手頃だし、結構デザインもかわいいんですよね。
あまりキャラクターものとか、アップリケとかついているものが好きではなくって、子供服もシンプルなものか、大人の私でもほしくなるようなデザインのものが好みなのですが、ばっちり合います♪

それと嬉しいのが、セールがあること!
これはきっと購入した人にしか届かないカタログになるのだと思うんだけれど、このレモールのセールが驚くほど安いんです!!

セール品♪


これがセールで買ったものです。
もちろん、セール品なのでこうして冬に夏物のセールが来たりもするのですよ。
でも、安いときに少し大きめのものを買って次のシーズンで着るのも子供服の節約技の1つ。

なんと、セール品で買った服には1着500円以上のものがありません!
もうレモール万歳!です^^

ちなみに、左上から時計回りで、
・ピンクのボーダーのカットソー 349円(ちょっとパブスリーブになっていて、首元と腕周りにレースがちょこっとついてます。)
・ワッフル地の小花柄Tシャツ 980円(これはセール品ではないもので購入したため)
・紺のノースリーブポロシャツ 320円(襟元にてんとうむしの刺繍がしてあってかわいい♪)
・花柄フリルスカート 373円
・紺とボーダーのキャミ2枚セット 203円
・ターコイズレースキャミ 199円

計7着で2424円!!
5000円未満なので送料が630円かかったのですが、それでも3124円。1着あたりにすると送料含めてでも446円、500円切ってます!

めっちゃ安いんですよぉ~!ホント!!
セールだから変なうすーい生地だったらどうしよう!?とかちょっと思ったんですけど、全然平気でした!

かえってセール品ではないワッフルのTシャツの方がペラペラな生地ですかしてみると向こうが見えてしまうほどでがっかりしてしまったほど。
(これは本当にがっかりしてしまいましたよ。)

レモールのデメリットは、すべての通販に共通することだけれど、実際の品を手にとれないので生地の感じや縫製が手元に届かないとわからない、というところでしょうか。

レモールはこちらの都合の返品だと送料がかかってしまうので、ちょっと躊躇してしまうんですよね。
今回のようにちょっと「あれ?」と思っても「まぁ、いっか・・・」と私はなってしまいます。

だけれど逆にレモールのいいところは、
・とにかく安い!(セール品でなくても、とても安い値段です。)
・ネットで注文できるので、子供が寝た後ゆっくり見て買える。
(子供と買い物に行くのは大変なので^^;)
・1回購入すると、通常のカタログやセール品のカタログまで送ってくれる。

ということだと思います。

とにかく、子供の成長って早いから去年着たものが今年も着れるとは限らないんですよねー。
ワンシーズン着たら終了!になることがほとんどなので、やはりこうして手頃な値段でかわいいデザインのものが買えるレモールは好きなんです。

なんていったって、ジーパンが1000円以下で買えるんですよぉ~!
レモールのジーパンはしっかりしているので、70cm、80cm、90cmと買い続けてます^^

カタログもサイトから無料で請求できるので(1番最初の写真が最新カタログです。)、是非カタログだけでも見てみてくださいねー!
ホントレモール、オススメですっ!!

レモールのHPはこちら




2歳になりました

わんわんと絵本

とうとう2歳になりました。
娘のリクエストに答えて「ワンワンケーキ」を作ってみましたよ。
「いないいないばぁ」のワンワンです。

2歳の誕生日プレゼントは三輪車にしました。
ずっと
「三輪車ほしいー」とねだられてたんです^^;
しかも「ピンクのー!」と色まで指定^^;;;

誕生日当日に届いた三輪車をみて
「これすっごいいい!」を連発。^^
そして
「これいいねー!ママ、ありがと!」ですって。
ふふふ。そんなこと言ってくれてこちらこそありがとですわ。

それとは別に、娘の誕生日には1つ誕生石のアクセサリーを買ってるんです。
生まれたときは、スタージュエリーのベビーリングを買ったのですが、まぁ、そんな高いものばかりは買えないので適度な値段のものを^^;
いつか大人になったときに身につけてくれることを願って。
でも4月じゃなくてよかった・・・。

それとお誕生日の日には娘にあてた手紙も書いています。
絶対面と向かってはいえないような、照れくさい、だけれど本当の気持ちを書いてます。
いつ渡せるのかわからないけれど。

2歳の誕生日、本当におめでとう。
生まれてきてくれてありがとう。


身長 84cm

体重 11kgジャスト

好きな食べ物 大根のお味噌汁、フライドポテト、おかかご飯、納豆、お魚、アイス、りんご、苺

嫌いな食べ物 トマト

出来るようになったこと 歌を歌う(ワンワンのとおかあさんといっしょの歌が大好き。)、ズボンを1人ではける、1から10まで数えられる、ジャンプが出来る、階段の上り下りが出来る

好きな遊び シャボン玉、お砂場遊び、すべり台、ねんど遊び、本読み、お絵かき、体操

好きな本 「しろくまちゃんのホットケーキ」「ぐりとぐらシリーズ」「どうぞのいす」「うずらちゃんのかくれんぼ」「リサとガスパールシリーズ」「ぴよちゃんシリーズ」

好きなキャラクター ワンワン、ミッフィー、リサとガスパール

今までした病気 突発性発疹(1歳2ヶ月)ちょっとした鼻カゼ

好きな芸能人 タモリ、ヒロシ

言われてうれしかったこと「ママ、1番大好き!」「ママー。すっごいおいしい!」「ママー、ぎゅーってして」「ママ、ありがと」「ママのにおいがするー」「ママすごいねー!上手だねー!」「ママ、あいしてる」






複雑

ひな人形



無事に成長してほしい、幸せな家族を持ってほしい。
幸せに暮らしてほしい。

そう思う。

だけれど、娘があまりにもかわいすぎて
「今のままでずっといてほしい」
「今のように、ずっとそばにいてほしい」

とも思う。

夫も「俺もそう思う」って言ってた。

親心って複雑ですな。

雛飾りを遅く出して、遅くしまったら、嫁に行くのが遅くなるかな。
なんて無駄な抵抗を考えたり。

といいつつ、2月に入ってすぐ出したし、3月3日が終わったら4日にはすぐしまうんだろうな。

お手伝い

もうすぐ2歳になる娘だけれど、結構お手伝いをしてくれている。
今、娘がしてくれているお手伝いは、

・炊飯器のスイッチを押す
・ご飯をよそう
・ご飯をよそったお茶碗をテーブルまで運ぶ
・食べたお皿をさげる
・たたんだ洗濯物を運ぶ
・お風呂掃除を一緒にする
・ふきそうじを一緒にする

そのぐらいかな。
でも、結構しっかりやってくれている。

もちろん、「うぅ~!邪魔!!」
と思うことも多々。

洗濯物をたたんでいる横で、たたんだ洗濯物にダイビングしたり、ぐちゃぐちゃにしたり・・・なんてこともあるし、ふきそうじをしていたら、「おんぶー!」なんて背中に乗ってくるし。

でも、食べたお皿なんかはすぐに下げるようになった。
私よりもしっかりしているな、と思うほど。
食べたらお皿はさげる、というのが習慣となっているよう。
よいことだ^^

いつの間にか、自然にやってくれるようになったけれど、ほめるとすっごくうれしそうな顔をするから、たくさんほめてあげたくなっちゃうんだよね。
それが、さらに娘の意欲をかきたてているのかもしれない。
じゃあ、もっとほめてあげよっと。

習慣づける、って結構大変なことだと思っていたけれど、本当に毎日の積み重ねなんだなーと思う。
無理に教えたわけじゃないけれど、いつの間にか身についている。
まだまだ、教えることはいっぱいあるけれど、娘の様子をみながら、こんな風に自然と習慣づけることが出来れば楽なんだけれど。
そういうわけにもいかないかな^^;

こんな風にいつまでもお手伝いをしてくれるといいなー。
私が大助かり^^;

いい親って何だろう?

「いい親になりたい」
そう思うけれど、実際いい親って何だろう?

最近とても思う。

泣いていても抱っこできないときもある。
泣くとわかっていても注意したり、叱ったりしなきゃいけないこともある。
親の気分で怒鳴りつけてしまうこともある。

ダメなことは叱る。
ダメなことはダメって教える。

でも親自身、それが本当にいけないことなのかわからないこともある。

私は叱るべきところで叱っているのだろうか。
無駄に叱っていることもあるのじゃないのか。
あそこはやっぱり叱っておくべきだった・・・。
やっぱりあれは叱ることでもなかったのかもしれない。
違う言い方があったなぁ。

あれは1人でやらせてあげるべきだったな。
あそこで手を出しちゃいけなかったな。

あの時、やっぱり手を止めて抱っこしてあげれば・・・。

余裕のない自分を恨む。
そして、毎日同じことで反省している自分が馬鹿らしくも思う。
私、なんでこんなにも同じことを繰り返しているのだろう、って。

でも、それがすべて完璧ならいい親なのだろうか、と疑問にも思う。

叱ることと、叱らないところの区別がちゃんとついていて。
常に子供で笑顔で接して。
子供が抱っこしてほしいときには、ちゃんと抱っこしてあげて。

常に子供を受け止める以上の余裕を持って生きている。
子供をこう育てたいという強い目標を持っている。

そんな親に私はなりたいのだろうか。

やっぱり「そうなりたい」ともいえない自分がいる。

「いい親」って何だろう?

いつか娘が私が親でよかったと思ってくれること。
そういう風に娘が思ってくれることで初めてこの疑問が解決するんだろうな。

それまではやっぱり悩みながらがんばっていくしかないのだろう。



ディズニーの無料CD

ディズニー無料サンプル

妊娠中にネットをしていて目に留まった「ディズニーの英語システム」無料サンプル
無料なら、とそのまま請求して今に至るけれど、こんなに活躍してくれる無料サンプルが過去にあっただろうか?!というくらい本当に活躍してくれてます。

特に1歳半前後から、このディズニーのCDが大好きになって今じゃ毎日のように
「ミッキーさん聞くー!」とねだられてます。
こっちもいい遊びの一環ぐらいになれば・・・との思いで一緒に歌ったりしてますが、こういう歌のCDって遊びの一環を超えているんじゃないか・・・と思うほどです。

毎日アホみたいに何度も何度も聞いているせいか、今娘はABCから始まってLまで言えるようになりました。
その後はMNOPが早口になるのでよくわかってないみたいだけれど、またQからVまで言えるようになってます。

「ABC歌ってー」というとちゃんと歌ってくれるのですよ。
しかも発音とかもちゃんとマネしてるんですよ。
きっと知らない言葉が多いからこそ、聞く言葉がすーっと大人よりもスーッと耳に入ってくるのでしょうね。

それとABCソング以外にも2曲、歌が入っているのですが、このフレーズもまた恐ろしいくらいに覚えてます。

子供がいろいろなことを覚えていくのには、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚という五感をフルに活用させているんですよねー!

子供の英語教育に熱心、というわけではないのだけれど、とにかく最初に子供の耳に入る英語が私のちんぷんかんぷんな発音じゃなくて、ちゃんとした英語でよかったと思います。

こうして毎日英語のCDを流していることが今後どのように影響してくるかはわからないけれど、なんせタダでABCが覚えられて、あわよくば英語の歌も・・・なんて出来ているんだからすごいなーと思います。

そしてこのCDにつられて他の英語教材を探してしまう親心・・・。
これってやっぱり英語が出来ない親のコンプレックスかしら?(笑)


「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!詳しくはこちら

Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。