おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒乳

あっというまに1歳4か月です。
まさに1歳4か月になってすぐ、大きな成長がありました!!

スポンサーサイト

桶谷式へ行く

お正月に乳腺炎になって、初めて桶谷式の母乳外来へ行きました。

おっぱいの飲み方

ある日ママ友からこんな話を聞いた。

「こないださぁ、○○(彼女の息子。同じ2歳児。)に試しにおっぱい飲ませようとしたら、もう飲み方忘れちゃったみたいで口ぱくぱくさせて吸い付いてこないの!!」
と。

彼女は、1歳8ヶ月ぐらいまでおっぱいをあげていたそうなのだけれど、おっぱいの飲み方って忘れちゃうの?!と驚いた!!

と同時に、うちの娘は忘れてるの?!と思いその夜試してみましたヨ^^ニヤニヤ^^

「久しぶりにおっぱい飲むー?」
なんて聞いてみたら。
「いらないー!」と返事が!!

いらない??あんなにもあんなにも飲んでいたのにっ!!
卒業してからまだ半年もたってないぞー!

「飲んでみなよー」
と無理やりおっぱいを飲ませようとしても吸い付いてもこなくて、人の乳首をおもちゃにして遊んでしまう始末・・・。

ほ、ホントに忘れちゃうんだ・・・。ビックリ!!

母乳を飲んでいる間は、本当に風邪なんて知らずに育ってくれて、高熱を出したのは突発性発疹のときぐらい。
なんて健康で丈夫なコなんだろう!と驚いていたぐらいだったのだけれど、やはり卒乳してからはガクッと落ちてすぐ高熱を出すようになってしまった。

こないだも夏風邪をひいて5日間40℃前後の熱を出しっぱなしで、親としては生きた心地がしなかった。

やっと治った、と思ったらまた高熱を出したり。(1日で下がったのだけれど。)
改めて母乳パワーを実感して、夫と冗談半分で
「もう1回母乳飲ませようか?」
なんて話をしてしまうほどだったのに。

まぁ、でも卒乳してからはお酒も飲んでいるし、食生活にはさほど気を使ってないから飲んでくれたとしてもまずい母乳しかあげれないヨ。

本当におっぱいを飲んでいる期間ってほんのわずかなんだなー。
母乳をあげているときは、
「いつになったら卒乳するんだろう?」
なんて不安に思ったこともなきにしもあらず、だったけれどこうして振り返るとなんて貴重な時間だったんだろう、と思う。

おっぱいを飲む顔は本当にかわいかったな。
だから飲んでくれてもよかったのにな。

あ、やっぱり飲まれたらそれはそれでまた困るか。
忘れてくれてよかったんだヨ。

ちなみに、うちのは夏風邪でした。
家族全滅しちゃって、本当に大変だった・・・。
今年の夏風邪は、熱が下がっても2週間ぐらいはやっぱり具合が悪いみたいで長引くタイプのようです。
夏風邪、すごく流行っているみたいなので、皆さんもどうか気をつけてくださいね。

そして、プール熱も例年の10倍以上流行っているとか!
とにかく手洗い、うがいはしっかりしないといけませんね!

卒乳後の悩み

今日で卒乳して5日。
日々飲む量が減っていってたから、体的にも卒乳の時期だったのか、おっぱいが張ったりしこりが出来ることもなく無事に日々が過ぎています。

卒乳後のおっぱいケアが大変だとか聞いていたので、これは本当に運がよかったなー、と思います。

娘もおっぱいを触ったり、たまに」「おっぱい飲む」って言うけれど飲まずに日々元気いっぱいに過ごしているので、本当に何もかもが「卒乳」のベストタイミングだったのだな、と感じています。

本当におっぱい好きの娘だったので「いつまで飲むんだろう」なんて不安に思ったこともあったのだけれど、やっぱり「終わり」が来るもので、実際に「終わり」が来たし、
こうして振り返るとあっけない、短い期間だったなーと思います。

そして、卒乳して今の悩み。
それは「寝かしつけ」です。

私はそれまで寝かしつけはおっぱいに頼りっきりだったので、いざおっぱいがなくなるとどう寝かしつけていいのかさっぱり・・・。^^;

特にうちの娘はどんなに眠くても自然には絶対に眠らなくって
「寝る?」と誘っても
「ねんねしないー!」
と大あくびしながら、目をしばしばさせながらも起きていよう!とするタイプのようです。

さて困ったなぁ。

ということで。

作戦1.歌を歌う

これは結構効果があります。
ただ、娘のリクエストどおりに歌っていると、はげしい歌も出てきてよけに興奮させてしまうことも。
昔から受け継がれているだけあって、子守唄はやっぱり効きます。
だけれど、10曲以上歌っても寝付かなくって親の私が眠くなってしまうことも・・・。^^;

作戦2.本を読む

よくある絵本での寝かしつけ。
憧れでした、これ。
で、早速部屋を暗くして、小さいランプをつけて読んであげるのだけれど、とても本好きな娘なので、本を読むと余計に寝たくないらしく、何度でも
「これ読んでー!」と次から次へと渡されエンドレス・・・。
「これ読んだら寝ようね」というと
「ねんねしないー!」と・・・。

作戦3.寝たふり
うちの娘にはこれが1番効きます。
私自身が寝たふりをすると、いつの間にか娘も寝ています。
ただ、これの弱点が親の私自身が本当に寝てしまうこと^^;

作戦4.お化け作戦
これもめっちゃ効果があります。
「寝ないとおばけが来て連れて行かれちゃうよ~」
というと、人にぎゅっとしがみついて寝てくれます。

時には携帯のバイブを動かして
「あ!おばけが来た音だ!」なんていうとめっちゃ効果あり。

だけれど、
「こんな風に脅かして寝かしつけるのはどうよ?」とも思います。^^;


特に昼間の寝かしつけが1番大変。
でも、不思議とおっぱいを卒業してからは、昼寝をしなくても平気な日がぽつぽつと出てきて・・・。
それはそれで大変だったりしてます^^;
昼寝がないと親の時間が少なくなってしまいますからね。

でも、今日も昼寝に失敗して、昼寝したのが3時半過ぎ。
一緒に私も寝てしまい、2人して起きたのが6時・・・。

おかげで夜なかなか寝なくって、娘が寝付いたのは0時過ぎでした・・・。

それまで生活リズムをきちんとつけていたのは、おっぱいの力が大きかったんだなぁ、と反省。
おっぱいなしでもちゃんとリズムをつけてあげれるようがんばらないと!!

おっぱいバイバイ

昨日、今日と2日間。
娘が全くおっぱいを口にしていません。
とうとう来るべき時が来たようです。


2歳前から、もうおっぱいは寝るときだけになっていました。
飲むのも5分ほどで量もわずか。

昨日は、お昼寝を全くしなかったので試しに・・・と思って
「今日はおっぱい飲まないで寝てみようか?」
と決意してみました。
ほんの軽い気持ちでした。

娘には
「ママのおっぱいもう出なくなっちゃったの。ごめんね。」と。

最初は
「おっぱい飲むー!」
「ねんねしないー!」
とぐずってたのですが、突然
「おうた歌って」
といってぎゅっと私に抱きついてきました。

そしていろいろ歌を歌っている途中で目が閉じたり開いたり。
そんなことを繰り返している間に寝てしまったのです。

昼寝をするときには、おっぱいなくても寝てたのですが、夜寝るのにおっぱいなしは生まれて初めて。

生まれて初めて1日もおっぱいを口にすることなく、寝てしまったのです。

その寝顔を見てたら、なんだか自然と涙が流れてました。

今まで1日もおっぱいを離したことがなかったのに。
その成長へのうれしさ。
その成長へのかなしさ。

娘が生まれてすぐおっぱいをくわえさせたこと。
生まれてすぐなのに、ちゃんと吸ったあの感触。

なかなか軌道にのらなくって、1日中おっぱいをさらけ出してた日々。
おっぱいが詰まって乳腺炎手前までよくなったこと。

今思えば、とても母乳育児が楽だったように思えるのだけれど、やっぱり悩みながらの日々もありました。

自分自身の中にも「完全母乳を続けようかやめようか」と悩んだこともたくさんあったし、周りからのプレッシャーや心無い言葉をかけられたこともありました。

それでも、娘が言葉を話すようになってからは、本当に母乳育児が楽しくてしょうがなかったです。
「おっぱい飲むー!」とうれしそうに言う娘の顔や、
「おっぱいおいしい?」と聞くと
「すっごくおいしいー」と言う娘の顔。

もういろんなことが頭の中をぐるぐる回って、うれしいような、かなしいような、もう大泣きしてしまいました。

娘のため、と思って母乳育児を続けてきたのですが、1番母乳育児に頼ってたのは私自身だったのかもしれません。

今日も、歌を歌っている間に寝てしまいました。

あぁ、卒乳してしまったんだなぁ。

娘のおっぱいを飲む顔が本当に大好きで、授乳の時間が本当に大好きだったのでもうあの顔が見れないと思うと、もう授乳できないと思うと、やっぱりとてもさみしいです。

それを思うと、やっぱり今も涙ぐんでしまいます。

だけれど、娘の成長の証。
ちゃんと喜んであげるのが親、というものですね。


と思いつつ、実は心の中で「今週末は酒盛りだー!」と喜んでいる自分もいたりして^^;
思い起こせば、3年弱も禁酒してたのですから。

酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞー♪^^;
実はお酒、大好きなのです。

娘の成長とは、親にとっては9割のうれしさと1割のかなしさで出来ているのもかもしれません。
成長するかなしさ、なんて親になって初めて知ったことのように思います。

おっぱいの詰まり

母乳育児をしている中で1番私が恐れているのがおっぱいの詰まり。

母乳で育てている人でも詰まりやすい人と詰まりにくい人がいるらしい。
私はどうも出やすいおっぱいの上に詰まりやすい体質で、特に娘が生まれてから3ヶ月ぐらいまではおっぱいの量も娘の飲む量も安定せずによくおっぱいが詰まることがあった。
この詰まりのつらさは体験した人でないときっとわからないと思う。

今日なんだか右の乳首が痛い、と思ってみたら。
うぅ~!おっぱいが詰まってる!!

昼間の寝かしつけ

完全母乳で育てている人には多いと思うのだけれど、私は昼寝のときも夜も寝かしつけはおっぱいだ。
「ねんねー」と言われると、一緒にベットに入って添え乳でおっぱいを飲ませるとそのまま寝てしまう。
ついでに自分も寝たりして。
でもそのことがちょっと悩みでもあったりした。


夜中の授乳

やったー!

すべり台をすべり終わると両手をあげて「やったー!」と喜びます。

授乳回数

水遊び


水遊びが大好き。
毎日のように「ぷ、ぷ!」(ぷ=プール)とねだられてお風呂の残り湯を使ってバケツで往復する毎日。

Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。