おねえちゃんといもうと

2004年生まれと2007年生まれの2人の女の子の育児日記です。幼稚園のお弁当、日々の出来事や役に立った育児グッズなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七五三

この週末に七五三のお参りとチビのお食い初めを済ませました^^

sitigosan2.jpg


ヘアセット&メイクは私がやりました^^
スポンサーサイト

いったいどこで・・・??

先日のこと。
パパから「飲みに行くから夕飯いらない」という電話がかかってきました。
ちょうど娘2人と一緒にお風呂に入ってこれから寝つかせようとしていたとき。

私とパパが電話で話している最中、突然おねえちゃんが大声で






フラ発表会

この夏に、上のおねえちゃんが通っているフラで発表会がありました。

4月から通っていて、わずか5ヶ月ほどでの舞台。
最初発表会と聞いたときに、習い始めで大丈夫かな?と心配したのですが。
そのときに、先生が話してくれたのが、「ALOHAの意味」。

姉妹

危なっかしいことも多々あるけれど、それでもしっかりとおねえちゃんをしてくれている上の子。

幼稚園と習い事

去年の春はこんなことを書いていたけれど、結局我が家は悩みに悩んで2年保育にすることにしました。

2年か3年かでは、本当に悩みました。
きっと、多くの方が悩んでいるのでしょうね。

少しでも参考になれば、と思い2年保育にした理由を書き出してみたいと思います。


・娘が幼稚園に行くことを嫌がった
これが1番大きかったと思います。
もともと、「ママと一緒にいる!」と言っていたのですが幼稚園見学に行っているうちに本格的に嫌がるようになりました。
きっと、行ってしまえばそれで平気になるのだろうけれど、2歳、3歳は大切な時期。
娘の気持ちを1番に尊重したい、と思いました。

・私がもう少し娘と居たかった
これが2番目の理由です。
幼稚園に行ってしまえば、あとは小学校、中学校・・・ともう毎日毎日一緒の時間はなくなってしまいます。
そう考えるとさみしくて・・・。
しかも2月生まれの早生まれの娘。
どうしても4月、5月の子と比べてもママと一緒の時間は少ない。
そう思うと、もっとママと一緒の時間を楽しんで欲しい、私自身も娘との生活をもっと楽しみたい、と思いました。

・周りのお友達が2年保育が多い
特に私の周りでは女の子のお友達が2年保育がほとんどでした。
なので、2年保育にしても遊べるお友達がたくさんいるのでいっか、と思うようになりました。

・すぐ熱を出す
卒乳をした2歳過ぎから毎月1回は必ず熱を出します。
ひどい時には、1ヶ月に何度も病院に通わなくてはいけないこともあり、体力的に心配な面がありました。
幼稚園に行くと風邪などをもらってきやすい、と聞くのでそれだったらあと1年様子をみてしっかり体力をつけたほうがいい、と思いました。

・1番の候補の幼稚園の3年保育、2年保育の募集枠が同じ
幼稚園によっては、3年で大量にとって2年枠が少なくなる、というところも多いようで、そうなると2年保育で入ること自体が難しくなるのですが、ちょうど私が行かせたいと思っている幼稚園は3年保育の枠、2年保育の枠が同じ数。
2年保育にしても入れやすさは変わらないなら・・・、と。

・2人目を考えたから
出来るなら4歳差(4学年差)で2人目が授かれば・・・、と思っていたので、そうなると3年保育にすると生まれてすぐでも上の子の送迎や幼稚園の行事などがあり大変だ、ときいたので。
赤ちゃんがいれば、なるべく自由な時間が多い方が楽だと思ったので。


ということで、悩みに悩んで我が家には2年保育が1番だと思い決めました。

2年保育を選んだお友達とも
「4月になったら『3年にしておけばよかったー!』って後悔してたりして^^;」
なんて笑いながら話したりもしていましたが、4月になった今、やはり2年保育にしてよかったな、と思っています。

午前中から一緒に公園に行ったり、どこかに出かけたり。
お昼ごはんも一緒に食べて。
そんな時間がとても大切に思えます。

もし、きっと3年保育にしていたら私は家に引きこもって午前中から公園に行って桜を見たり自然の光や風に触れたりすることはなかっただろうなぁ、と思うと娘に感謝です。
特に今現在妊娠中なので、娘と公園に行くことが1つのリフレッシュになっています。


ただ、2年保育にする代わりに習い事を始めました。

1つはフラダンス。
これは、「リロ&スティッチ」の影響で娘がずっとやりたがっていたもの。
本人がずっとやりたがっていたからか、とても楽しそうにやっています。
また、先生も適度にやさしく適度に厳しく、きちんと集団生活のルールも学べるので親としてもありがたいです。

何よりもチビっ子たちが並んでフラを踊っている姿がかわいくって^^
長く続けてほしいな、と思っています。

もう1つはスイミング。
すでに習っているお友達から
「スイミングに通い始めてから風邪を引かなくなった」
と聞いて。
少しでも体力がついてくれればいいな、と思って始めました。
女の子のお友達みんなで通っているので、私も娘本人も安心のようで、無料体験のときからおおはしゃぎでした^^
水遊びが大好きだし、いい運動にもなってくれてるしよかったです。

そんなこんなの4月スタートですが、のんびり楽しい日々を過ごしています。
私が妊娠してからはよりいっそうママっ子になっているので、そういう娘の精神的な部分でも2年保育でよかったなと思います。

1番思うのは、悩みに悩んで出した答えなら後悔しない!ということかな。
あと1年。
2人目が産まれることもあるし、しっかり娘と向き合って今の時間を大切にしていきたいと思います。

20年間、とにかく楽しかった

先日、久々に高校時代の親友と会いました。

彼女にも1歳4ヶ月になる女の子がいて、しかもなんと2人目妊娠中!
聞けば7月に産まれる予定、とのことで私と予定日も10日違い!!

お互いの家が離れているし、お互いチビがいるのでそうしょっちゅうは会えないのだけれど、それでも1番の親友、といえば彼女のことを1番に思います。


前は会えば、お互いの彼の話やくだらないことを話して延々と時間が過ぎ去っていたのですが、今はやっぱり話すことといえば子供のことや育児のこと。

そんなとき、彼女がふとこんな話をしてくれました。

「お母さんがさぁ、

『20年間、あなたを育ててきて1日足りともいやな気持ちをしたことがなかった。本当に、本当に楽しませてもらった』

って言ってくれたんだよね。

たぶん、ホントはうんざりすることもあったんだろうと思うけれど、そうやって言ってくれてなんだか母親の大きさを感じたよ」


街中で歩きながら話していたのですが、ちょっと涙が出てきそうになってぐっとこらえました。

こうして子供と一緒にいると、言うことは聞かないわ、面倒なことだって意外と多いし^^;、イライラすることも想像以上に多かったりします。

「も~~!!キィ~~~~~!!」
って母親の私がなることもしょっちゅう。

だけれど、やっぱり育児というのは楽しいもの、楽しませてもらっているものだ、と改めて思いなおしました。


「イライラするよねー」
今はお友達とそんな会話が多いけれど^^;、いつか、私も娘に自然と
「あなたを育てて本当に楽しませてもらった!」
と言えるようになっているのかな?

そうなりたいな。

スクラップブッキング

表紙


いつも、娘のお友達のお誕生会には、みんなでいくらかお金を出し合ってパーティーをしています。

そして、子供へのプレゼントの他にママへのサプライズプレゼントも用意していました。

それまでは、私が写真をMyBookでアルバムを作ってプレゼントしていたのですが。

娘の誕生日に、お友達がスクラップブックをプレゼントしてくれました。


開いた途端、出てくるたくさんの写真と、お友達が書いてくれた手書きのコメント、かわいいシールや折り紙で作った飾りにもう感動してこの年にして恥ずかしながら大泣きしてしまいました^^;

アルバム1



アルバム2



アルバム3


私が持ってない写真、私じゃ撮れない写真がたくさん。
お友達1人1人のコメントやページが書いてあってね。

最後には、それぞれのお友達が書いてくれた娘の似顔絵もありました^^

やっぱり手作りに勝るものはありませんね。
なんだか、自分が今までとても無機質だったように感じてしまいました。

パソコンがあることで、今まで出来なかったことが出来るようになり、そのおかげで時間短縮が出来た、とかいろいろメリットもたくさんあります。

だけれど、やっぱり手をかけたもの、というのは手をかけた以上のものが出来上がるんだなぁ・・・、と思いました。

私にとってだけじゃなく、娘にとってもパパにとっても、大切な宝物になりました。

それと、これを機会にスクラップブッキングにめちゃめちゃ興味がわいてきました。
ネットで調べてみると、いろいろなやり方やダウンロードアイテムなんかもあってとても素敵!!

全ての写真をこうしてスクラップブッキングすることは大変だけれど^^;、何かのイベント時の写真にはこういう形で残せたら大きくなってからも娘は喜ぶだろうなぁ、なんて思ったり。

みなさんも是非、スクラップブッキングを^^

今日のおやつ

imo.jpg


なるべく、娘のおやつは手作りに、と思っています。
今日は娘に
「おいも作って~」
とねだられてスイートポテトに。

「ママと料理をするのが1番楽しい!」
と言ってくれている娘。
なので、なるべく一緒に作るようにしています。
(まぁ、時々本気で邪魔に思うこともあるけど^^;)

スイートポテトのレシピは簡単
我が家では、マルチクイックを使って作ってます。
もちろん、マルチクイックのスイッチを押すのは娘の仕事。
味見もたっぷりしてくれます^^;

お砂糖の量も調節できるし、作る行程も一緒に楽しめるし、一石二鳥!
特に今日みたいに天気の悪い日にはもってこいです。

3歳になりました

cake.jpg


2月15日で、娘も3歳になりました^^
リクエストのケーキは「マイメロ」
苺好きの娘のために、中にも苺、外にも苺の苺づくしのケーキにしました^^


生まれた頃は、3歳になるなんて遠い先のような気がしていたのだけれど、こうして3歳になってみると本当にあっという間で、見逃してきたことも多かったのかもしれない、なんて思うほどです。

赤ちゃんの頃、1歳になりたての頃・・・。
ずっと、周りから
「今が1番かわいいときだよ~」
なんていわれてきたけれど、この3年間

「今が1番かわいい!」

と思い続けてきた3年間でした。
もちろん、今も
「今が1番かわいい!」
と思っています^^
そして、そう思いながら育児を出来たことに感謝です^^

そして、私もママ4年生になります。
そして、今年は2児のママになる予定。

夫に対する愛情とは全く違う子供への気持ち。
自分にこんな風に愛する気持ちがあることを教えてくれた娘に本当に「ありがとう」です。

そして、だからこそ何があってもこの子だけは守りたい、と強く思います。
自分の命に代えてでも、ではなく、自分も共に長生きして守り続けたい、生きて成長を見届けたい、と。

3年間、こうして健康で無事に成長してくれたことが奇跡のように思えます。
だからこそ、この奇跡がもっともっと長い時間続くように親として努力することはまだまだたくさんあると思うのです。

これから守るべきものが2人に増える予定。
もっともっと、強くやさしい母親になりたいものです。



身長 92cm

体重 13.4kg

好きな食べ物 大根のお味噌汁、おにぎり、フライドポテト、カレー、納豆、鮭、のり、ごま、レタス、きゅうり、長芋、枝豆、アイス、りんご、苺、みかん

嫌いな食べ物 トマト、ゆでたまご、ごぼう

出来るようになったこと 服の脱ぎ着、片足でけんけん、自分で歯磨き、投げたボールをとる、テニス、洗濯物を干す、少しだけならひらがなも読めるように

好きな遊び お友達と一緒に遊ぶこと、シャボン玉、お砂場遊び、ブランコ、ねんど遊び、本読み、お絵かき、自転車

好きな本 「しろくまちゃんシリーズ」「ぐりとぐらシリーズ」「リサとガスパールシリーズ」「ペネロペシリーズ」 「ももたろう」「かちかち山」「花咲かじいさん」「ディズニーもの」

好きなキャラクター アリエル、プリンセスシリーズ、ミッフィー、ペネロペ、リロ&スティッチ

今までした病気 1ヶ月に1回は必ず熱を出すように

好きなテレビ 志村動物園、ミッフィー、味楽るミミカ

好きなDVD リトルマーメイド、シンデレラ、アラジン、ファインでリングニモ、リロ&スティッチ

好きな芸能人 タモリ、アクセルホッパー

言われてうれしかったこと 「ママとお料理するのが1番楽しいのー」「ママ、いつもお料理作ってくれてありがと!」「ママとパパと3人で結婚するー!」「ママとずっと一緒にいる」、(大きくなったら何になりたい?と聞いて)「ママ」と言ってくれたこと、「ママ、大好き」「ママ、愛してる」



「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

ご報告

別ブログにも書いたのですが。

今、妊娠5ヶ月です。7月に家族が増える予定です^^

一時、子宮内に出血が見つかって自宅安静、なんてこともあったのですが、今は順調です^^
ただ、5ヶ月の段階で妊娠前から体重が+4.5kg・・・。
お医者さんからは
「3食以外食べないように!」
と注意されてマス・・・。とほほ。


そして、もうすでに娘の赤ちゃん返りが始まってます^^;

・1日中、とにかく私にべったり

・せっかくはずれたオムツも、おもらしをしょっちゅうするようになって1度はまたオムツ生活に
今は、自分から「布パンツにする」というときだけ布パンツにしています。
それでももらしてしまうことも多々あって、何度かおもらしすると
「布パンツだとおもらししちゃうから、紙パンツにする」と自分で言ってきます・・・。
そんな感じで、今は娘の気持ちにまかせています。

・おっぱいをすぐ触る
これは、卒乳してから全くないことだったのでビックリ!
夜寝るときだけでなく、外だろうと家だろうと、すぐ触ってきます。

・ママ以外から世話されることを嫌がる
お風呂もパパと2人では絶対入らないし、体や髪を洗うのも私以外は絶対ダメ!
トイレや着替え、何から何までママじゃないとダメ!
パパと2人でどこかへ出かけることも嫌がるようになりました・・・。


おなかの赤ちゃんが出てきてからは、やはり娘には我慢してもらうことも増えてしまうのだと思うので、できる限り付き合ってあげようと思っているのですが。

入院中、大丈夫なんだろうか・・・。
とめちゃめちゃ不安です・・・。

一時は子連れ入院可の産院も検討したのですが、(2人目も1人目と同じ産院にしました。でもそこは子連れは×。)パパやばぁばから
「ママがいなければいないでどうにかなるもんだよ。」
「産後はゆっくりした方がいいから、大丈夫」
と声をかけてもらいました。

入院中は、実母にみてもらう予定です。
土日をはさむのなら、土日はパパに。

だけれど、少しずつ自分がお姉ちゃんになる、という自覚もあるみたいで、最近はご飯をいっぱい食べるようにもなってきました。
本当に食が細いのが悩みだったので、これはうれしい!

いっぱい食べると
「大きくなった?」
って聞いてきます^^

おなかもなでてくれたり、
「赤ちゃん、いつ出てくるの?」
ってしょっちゅう聞いてきたり。

お友達のところの赤ちゃんを見に行くと、本当に誰よりもずーっと側にいてみています。

娘も
「お姉ちゃんになる楽しみ」と「お姉ちゃんになる不安」が同時にあって大変なんだろうな。
私自身も、3年半ぶりの出産でドキドキ、不安ですから^^;

もう新生児の頃なんて昔のことのようだヨ・・・。
また1から勉強しなおしだわ^^;
Copyright © こにゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。